こんなん造りたかったんですわ~!

 お次は、ロシアはALAN HOBBY製「Ⅱ号戦車J型」でござりまする。

d0215815_18281946.jpg




 ワタクシこのモデルをVORKS京都店で発見し、なんと一目惚れしてしまいました。

 
d0215815_1916164.jpg


 Ⅱ号戦車といえば、思い出されるのはA~D型のあのご存知シュっとした(この言い方が関西ですね~)形なんですが、なんなんでしょうこの形!? まるで鳥山アキラのデフォルメされたイラスト戦車のようなカワイイフォルム。それでいて重戦車のような幅広のキャタピラ。

d0215815_19225091.jpg

d0215815_19213836.jpg



 正面のバイザーなんか、あのタイガーⅠのそれと同じ。

 もう、造らずにはいられません

 なんでも偵察用に開発されたらしいのですが、スピードが遅かった為、正式採用されなかったらしく、極少量が生産された希少車両なのであります。
 その為か現存車両がなく、しかも資料自体も皆無なのであります。

 もう、製作前の資料集めが大変。アハトゥンク・パンツァー「二号戦車」にて情報を得ようと思いましたが(勿論立ち読み)、それにも1,2ページのみ・・・。高い洋書を買うわけにもいかない。見つけたとしても、勿論立ち読み出来ないパッケージにしてあります。

 さぁどうしたものか・・・

 結局、中須賀岳史氏(吉岡和哉氏・高石誠氏・大楽直正氏を合わせた、頑固者の憧れの「AFV四天王」の一人)のブログでの制作例と、わずかな実車写真を参考に制作することに。


 今回製作においてのテーマは・・・
「関西AFVの会」に出展出来る作品を制作する。
②ヤークトタイガー続き、市販のエッチングセットを使わずディテールアップを行う。
吉岡和哉氏の「ダイオラマ・パーフェクション」のパンターをパクって、塗料が剥げてプライマーが出ている表現を行う。

 以上の目標を掲げていよいよ製作に取り掛かります!!


d0215815_19183112.jpg
d0215815_19198100.jpg


 まずは車体・砲塔の組み立てから。車体が箱組みなので歪まないように、サスペンションアームが凸凹にならないよう、それぞれ気をつけて接着します。
 車体・砲塔共に溶接跡のテクスチャーを付けます。

 う~やる気満々!! 
(^^)Y
[PR]
# by forza-ragazzi | 2011-04-04 19:29 | ALAN Ⅱ号J型 | Comments(0)

ヤークトタイガー 完成!

 ではでは、塗装に入ります。

d0215815_13273037.jpg

 まずはサーフェイサーを吹き・・・

d0215815_13312919.jpg

 次に履帯を塗装します。と同時に同じ色で影吹きも行います。
 初めてなもので、こんなもんでえぇのかどうか?
(^^;)

 全体を塗装します。楽しさのあまり途中経過の撮影忘れちゃいました。(@@;)

 真面目にエアブラシを使用します。もしかしたら迷彩塗装するの人生で初めてかも・・・

 履帯を組んだままの塗装が上手くいくのかどうか不安でしたが、まあまあかな?

 基本色はダークイエローでは無く、デザートイエローを使いますブラウンはレッドブラウンとハルレッドを足し、グリーンはロシアングリーンを塗ります。基本通り全てラッカーです。

 各色にホワイトを混ぜ明度をあげ、ちょっとドギツイ仕上げにしてみました


 
d0215815_1348227.jpg
d0215815_13485468.jpg




 続いてデカールを貼り、前回の失敗を踏まえてフラットクリアラッカーにてオーバーコートをおこない、エナメルにてウォシング&チッピングを行います。

 側面の擦り傷が錆びて流れてる感じがお気に入りです。
d0215815_14155951.jpg
d0215815_14162741.jpg




 最後にパステルウェザリングを行い終了
(^。^)

 画像をクリックしていただくと大きくなります。

d0215815_14223215.jpg
d0215815_14231275.jpg
d0215815_14235632.jpg
d0215815_14374267.jpg
d0215815_1425532.jpg





 実物画像と並べて撮影。お気に入りです!
d0215815_1429102.jpg

[PR]
# by forza-ragazzi | 2011-03-13 14:40 | TAMIYA JAGDTIGER | Comments(2)

ヤークトタイガー 始め!

 さあ、いよいよ2台目の制作に取り掛かります。

 選んだのは「TAMIYA JAGDTIGER 初期型」なのです。

 本当は、復帰したら大好きなシャーマン戦車を連チャンで制作しようと決意してましたが、某電気屋で半額特価を発見し、気がついたら買っちゃってました。
 まあ、Ⅱ号戦車造ってて改めてドイツ戦車の良さに気付いちゃったんですけどね・・・。

 でこのモデル、ご存知私等の小さい頃は「ハンティングタイガー」って名前で売り出されてたんですが、どうやらTAMIYAさんが名付け親やったみたい(って何かで読みました)。

d0215815_1152612.jpg ではでは制作開始。

 初めての連結履帯です。面倒くさいけどやっぱこれのほうがリアルに出来ますね。



 続いて車体の組み立ていたします。

 砲塔部(?)の張り合わせの箇所はここしか無いンやろね~って感じです。パテを使って隙間埋め、装甲の溶断跡テクステャーをカッターで再現。
 アルミ砲身はパッションモデルス製。これも初めてです。
d0215815_1235723.jpg




 今回は、書籍やネットで実車写真を参考にして、車載工具が取り外された状態を再現することを決意。でも、アベールなんかのエッチングパーツを買うお金が・・・ヤッパ前回に引き続きクランプ以外は自作となります(後で安価なパッションモデルス製があることが判ってガックリ)。

 アーマーモデリング誌105号・大楽直正氏(私の中のAFV四天王の一人!最高!)を参考にしながら、真鍮材やプラ材を駆使して制作いたします。

d0215815_12172636.jpgd0215815_1218412.jpgd0215815_12184470.jpgd0215815_121916100.jpg



 ちょっと気合を入れた箇所を紹介。

 その① ワイヤーを留めるクランプにアクセントをつけたくて、カステン製の蝶ネジに0.3の穴を開け真鍮線を中に通して宙ぶらりん状態を再現してみました。
 やったら出来るモンです!!

d0215815_1228973.jpg




 その② Ⅱ号戦車でヤミつきになった、エポパテによる溶接跡の再現。実車資料を基に出来るところは行います。
d0215815_12354484.jpgd0215815_1236665.jpg



 これで塗装まで完成。我ながら良く頑張ったと自画自賛・・・させてください。


d0215815_1240670.jpg
d0215815_12403320.jpg

[PR]
# by forza-ragazzi | 2011-03-07 12:59 | TAMIYA JAGDTIGER | Comments(0)

で、出来栄えは...?

 サフ吹きも終え、大好きなジャーマングレイに仕上げます。
d0215815_21264962.jpg



d0215815_21281789.jpg




 さてさて、人生初めての「パステルウェザリング」に挑戦します。

 これまた「アーマーモデリング」の高石誠氏の記事を参考に行いました。

 で、ここで制作過程での失敗に気づきます!

 デカールの保護の為吹き付けたつや消しクリアーがアクリル塗料であったため、なんとパステルをアクリル溶剤で溶いて行う方法が出来ないことに...

 仕方なく、で溶いて行いました。勿論水なんではじきます...無理やりやっちゃいます。(高石氏が無水エタノールを使用している意味が、この時はまだ理解しきれてなかった...)

 まあ、なんやかんやで完成です。



d0215815_21445033.jpg
d0215815_2145972.jpg

d0215815_1102117.jpg

d0215815_112565.jpg

d0215815_18182441.jpg
d0215815_18184673.jpg
d0215815_1819672.jpg




久しぶりに造ったわりには良く出来た!と自画自賛...しております。
[PR]
# by forza-ragazzi | 2011-02-18 21:53 | TAMIYA Ⅱ号F型 | Comments(3)

出戻り一発目

 どうもどうも、出戻りモデラー頑固者1967と申します

 同僚に触発され、出戻り一発目に選んだのが「Ⅱ号戦車F/G」

 アーマーモデリングなどを参考に(実車写真が手に入らなかったのが悲しい)、ディテールアップ。

d0215815_22345264.jpg ン十年ぶりに造り始め、作業が進むにつれ「ここもここも」と欲が出てきましたね~。

 かなり古いキットな為出来るだけ手を入れてやります。


d0215815_205950100.jpg 溶接のテクスチャー追加や、アンテナガードの制作や雑納箱の止め具つけたりと、気合いれて造ります。

 マフラーガードをプラペーパーで自作しましたが、接着剤(流し込み)の付け過ぎで割れちゃいました。


d0215815_23263070.jpg
 1000円のモデルに、ン千円のエッチングなんて使えません(ってか貧乏モデラーなんで買えない!?

 「アーマーモデリング」の大楽直正氏の特集を見て一念発起!出来ることは自分でします(自作)。
d0215815_2326564.jpg
[PR]
# by forza-ragazzi | 2011-02-17 22:40 | TAMIYA Ⅱ号F型 | Comments(0)

頑固者、再び発つ!!

 ヤホオから移動してきました!

 こんなんとか・・・
d0215815_17344351.jpg

 こんなんとか・・・
d0215815_17323462.jpg

 紹介したいと思います!
[PR]
# by forza-ragazzi | 2011-02-17 17:36 | AFVで色々ありまして... | Comments(0)