<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

さぁ、ベースを作り込みましょう!!

 いよいよベースの本格的な製作に入ります。



 まず、MiniArtのバキュームベースの延長部と建物基礎の間の地面を、ウッドフォルモを使って大まかに作ります。

 建物と道路のプラパーツは、いつもの自家製調色「コゲ茶サーフェイサー(ただ単にプライマーレッドと黒を混ぜただけ)」をエアブラシ。

d0215815_17344447.jpg





 次に、建物と道路をTAMIYAのアクリルで塗装いたします。

d0215815_17365386.jpg





 壁レンガ一個づつを微妙に色合いを変え、雰囲気を出していきます。屋根はアクセントとなるようにエンジ色にしてみました。

d0215815_17372633.jpg
d0215815_17373615.jpg





 石畳も建物と同じく色合いを変えることで表情が出でまいりまする。

d0215815_17375639.jpg





 本格的な地面の製作に入る為、前回製作した飾り台と接着いたします。

 ここでクレオスの「Mr情景用クレイ」を使い、枠と地面が面一になるようにいたします。

 この粘土は、吉岡”ネ申”和哉師匠がDVDの中で使用されておられる物で、なかなかの品物なのであります!!今まで色々な製品試してきましたが「加工のし易さ・軽さ・仕上がり」が抜群なのであります。
 これはオススメでありまする!!

 建物をフィルタリングします。大体コゲ茶でスミイレしちゃいそうですが、ここはエナメル・オリーブドラブをターペンタインで溶いたものを使用します。こちらの方が色合いとしては「らしい」仕上がりになるのです。ターペンタインを使う事で、あのエナメル溶剤の嫌~なツヤを抑える事ができます。しかし、気をつけないと下地を剥がす恐れがあるのでご注意!!

d0215815_17382835.jpg





 ダ~っと大まかに作業が進んでしまいますが、まず枠に余計な汚れが付かない様にマスキングをします。

 続いて、クレイの上にTAMIYAのテクスチャーペイントを使い最終地面を作ります。ヘラを使い塗っていくのですが、ヘラ跡がついてしまうので、水で濡らした筆で少し撫でてやります。成分の大理石粉が白く目立ちますが、後で塗装するので気にせずやっちゃいます!

 それが乾いたら、いつもの拾ってきた細かい砂を撒いて水溶き木工ボンドで固定していきます。

d0215815_1739028.jpg





 その砂を上手く使い、石畳と地面の境目をつなぎます。当然ブロックの間に土が流れているであろうという風に目地に擦り込み固定いたします。

 えぇ雰囲気でしょう~!!

d0215815_17393716.jpg
d0215815_1739483.jpg
d0215815_17395882.jpg
d0215815_1740869.jpg





 では次回は、地面に草を植えて行きたいとおもいまする!!

 (^^)












 

[PR]
by forza-ragazzi | 2013-11-29 17:41 | 酔っ払い戦車兵・ジオラマ | Comments(6)

飾り台でキメよう、どうだ!!

 では、いよいよ飾台の製作であります。



 まずはいつもの様に木材を組み合わせ飾り台の底部を作りまする。

 今回45°カットが微妙にずれてしまいましたが、そこは木工エポパテウッドパテでリカバー。

d0215815_2118756.jpg



 で、今回気がついた注意点! パテが隙間以外の面に付かない様にマスキングを忘れずにしましょう! 木目にパテが詰まってしまうと、オイルステインが上手く染み込まずムラが出来てしまい仕上がりが悪くなってしまいまする。



 続いて、前回は出来なかったジオラマベース上部側面にも飾り台を延ばしてみます。

 檜の板・2mm厚を先に作った底部の寸法を測り、隙間が出来ない様にする為に正確に切断します。

d0215815_21194628.jpg





 これを、底部内側に木工ボンドで貼ります。

d0215815_2120948.jpg





 コーナー部のアップ。角はヤスリで45°に加工しまする。しっかり接着されるまで固定しましょう。

d0215815_2120265.jpg





 ジオラマベースをはめ込みチェック。寸法バッチリ!! 隙間無く納まりました。

 グッジョブ!!

d0215815_21204451.jpg





 ベースの起伏に合わせて側面板をカット。木目に気をつけて刃物を入れましょう。

d0215815_212148.jpg





 いつものオイルステインで着色。

d0215815_21212430.jpg





 アップでどうぞ。地肌の処理をキッチリ行っているので、このままの状態でも充分な仕上がりになります。

d0215815_212254.jpg





 仕上げ作業して完成!!

d0215815_21222336.jpg



 今回はサンディングシーラーの前にアサヒペン・木部プライマーで吸い込み防止処理を追加。これをすることでサンディングシーラーの量が少しですむのであります。木部プライマーでなく、ウッドシーラーでも同じ効果が得られます。



 次回はベース地面の製作でありまする。

 (^^)










 

[PR]
by forza-ragazzi | 2013-11-27 21:30 | 酔っ払い戦車兵・ジオラマ | Comments(2)

さぁ、レイアウトを決めよう!!~酔っ払い戦車兵

 モデラーズ・エキスポ'13に展示出品させたジオラマの製作記に入ります!!


 関西AFVの会が終わって、次はモデスポでございます。

 少し前に製作し終えたⅣ号F1を簡単なジオラマにしたいなぁ~で始まったこのプロジェクト。

 最初は、イタレリのお粗末ストラクスチャーなど使ってお気軽に! と思っておったのですが、段々とモデラー魂が燃え上がり、結局ストックしておいたMiniArtのジオラマセットで製作する事に。

 おいおい頑固者!一ヶ月ぐらいしか無いぞ!?...。

d0215815_1843480.jpg




 このキットはご存知バキュームフォームで作られておる訳ですが、頑固者の少年時代のそれとは全然違う、キッチリディテールなのであります。

 制作方法は、MiniArtのHPや古いAM誌を参考に製作いたします。



 大体は出来上がったら、実際に戦車などを配置してレイアウト考えます。

d0215815_1852331.jpg





 とここで、大きな間違いに気付きます!!


 このⅣ号F1(赤い悪魔仕様)は、この建物、つまりフランスには居なかった!?と言う事。


 ショック!! 考証事の苦手な頑固者であります...。


 仕方なく、コレも以前に製作したALANのⅡ号Jを持ってきてレイアウト考えて見ます。

 しかし...なんかシックリこない...。

d0215815_1861375.jpg





 再度ショック!! 横で居てもらおうと思っていたケッテン・クラートですが、なんとマーキングがノルマンディー...まぁフランスつながりなんですが...。

 頑固者、面倒くさくなり考えるの封印。この時点で考証OUT!!

 (--;)



 何も無かったかのように、進めます...。



 サッパリとした顔で、ベースの製作。


 結局、ベースの奥行きが足り無いんチャうん?という事で、バキュームのベースの道から後ろをブッタ切って、自作する事に。

d0215815_1813980.jpg





 バキューム・ベースがペコンペコンな為に裏打ちを施し、スタイロフォームに貼り付けます。

d0215815_1814405.jpg





 次に、建物の基礎をスチロール板で製作し一段高くいたします。石垣感を出す為ターナーの水性グレイスペイントを塗ってやります。

 でもってこのキットには下水溝がテクスチャーされているんですが、どう考えても高さ・配置がおかしい!?ので、ここも自然な感じに作り直します。

d0215815_1815521.jpg





 その下水溝。プラパイプで排水溝を作り、周りをエポパテを使って石垣を再現いたします。

d0215815_18152467.jpg





 ここで一段落。

 次回はこのベースにあった箱型飾り台の製作であります。










[PR]
by forza-ragazzi | 2013-11-18 18:26 | 酔っ払い戦車兵・ジオラマ | Comments(4)

素晴らしきかな、モデラー人生!

 去年のモデスポでは、憧れの篠原比佐人師匠との劇的な出会いがありましたが、今回も頑固者にとって忘れられない出来事があったのです!(少々お恥ずかしいですが...)

 聞いておくんなはれ!!



 私頑固者は、今までフィギュアの製作に多大なる努力をしてまいりましたのん。
 まぁ、メインがヴィネットだった事もあり、「そこを追求しないと!」ということで、多くのモデラーさんの制作方法を参考に試行錯誤を繰り返し、ある程度頑固者のフィギュア塗装法というものが確立されつつあります。

 今回のモデスポではブログを見たモデラーさんから、色々質問を受けたり、ブログのトップ記事がその塗装方法の投稿記事だったりと、ちょっと嬉しい出来事も起こっておりますねん。

 そんな中、今回新たに製作したこの五体。

d0215815_152536.jpg



 もう、完成したときは、(まだまだ至らぬ技術ではありますが)「お~頑固者よ!!お前はここまで来たか!!」とちょっと泣きそうになりました。

 頑固者の一番のファンでいてくれている友人のいっちゃんが「〇ちゃん!あのフィギュア今までで最高やん!!」って言ってくれた時は、モデスポ会場でラオウ最期のポーズとなったのであります!!

d0215815_22815100.jpg



 それともう一つ。

 頑固者がここまでジオラマ製作にのめり込むキッカケとなったのが、吉岡”ネ申”和哉師匠との出会いであります。

 それまでは「おれは単品製作で天辺掴むぜい!!」と意気込んでいたのですが、肉眼でみたネ申のジオラマで心打ちぬかれた訳であります。



 ネ申との第一次接近遭遇は、関西AFVの会'11の会場で、ご自分の吉岡教室の生徒さん(京すけさんでしたね、これも劇的!)に色々会場の作品をアドバイスしている途中、丁度頑固者の作品を駄目だししている所だったのであります。

d0215815_1565944.jpg



 一瞬気まずい空気がながれましたが(^^)、その時すかさず「是非アドバイス頂けますか!!」と声掛けし、貴重なアドバイスを頂く事が出来ました。その時色々頂いたアドバイスを胸に抱き今日まで頑張って来たのであります。

 その時一番に言われたのが「飾り台の重要性」だったのであります。

 実は、今回のモデスポ展示で作品を見てくださったモデラーさん殆どの方が「この飾り台エェね~!、どうやって作ってるん?」と言って下さいました。

 そう、その飾り台で注目された訳であります!自分で言って恥ずかしい...)。


 それから、「ジオラマ・アート」展の時(そこっつ師匠との出会いはこの時であります!)、まだ会場に人が少なかった事をいいことに「吉岡さん、一緒に写真撮ってもらえますか!?(初々しいねぇ~!)」と2ショット撮影に成功いたしました。

 嬉しかったですね~!!

 そして今年のサポ・展示会場でこんな出来事が...。

 ネ申がさりげな~く登場した時に「一緒に写真撮ろうよ!」と御自分のカメラでパチリ!!泣きそうになりながらご一緒させていただきました(ってかネ申はこの写真をどないしはるんでしょうか?)。

 あのロシア・ジオラマには「いいですね~!!」という言葉を戴き、いつも以上に熱心にアドバイス下さいました!


 お~ネ申よ!!

 頑固者は今、あの駄目だしされた飾り台で注目され、一緒に撮ろうとまで言っていただけるように成長いたしました!(あ~ホンマ自分でよう言うヮ...皆さんスンマヘン...

 (--


d0215815_214319.jpg



 頑固者の頭とヒゲには白いモノが目立ち始め、ネ申のあた...お互い経年変化を感じます(あっ!言い過ぎた!ヤバイ!)。

 私も、誰かにこう思ってもらえるような、影響を与えられるモデラーになりたいものであります。



 今回、アドバイスの最期に「ネ申の啓示」を頂戴いたしました。

 大いに悩みましたが、挑戦したいと思います!!

 その思いを、ちょっと古いですが「ユイちゃん」に叫んで頂きたいと思います!!


d0215815_2152231.jpg












 

 

[PR]
by forza-ragazzi | 2013-11-17 02:37 | AFVで色々ありまして... | Comments(6)

頑固者はかく語りき...モデ・スポ'13

モデスポが終わり、ちょっと落ち着いた今日この頃モデラーの皆さん如何お過ごしですか?

 頑固者は開催直前まで迷惑掛けていた為、必死に家族サービス行っております。

 さて今回はモデスポ期間中にあった事、今感じている事なんかを投稿してみたいと思います。


d0215815_1243338.jpg



 え~今回のモデ・スポではコンテストが開催されまして、大会3日目にその表彰式が行われました。それに、合同展示会で友達になった京都の大学生モデラーひろた君が出品しており、見事入選!!おめでと~って事で見物してまいりました。

 この表彰式なかなかのもので、まず司会進行役の吉岡”ネ申”和哉師匠すこっつ・ぐれい師匠が一通り作品の良い評価感想を述べるのですが、その後審査員を務めるグレイトなモデラーさん(キヤコングランドマスターetc)等から一斉に辛口コメントが飛び出してくるという超過激な表彰式(キヤコン方式らしい...)なのであります!

 AFVのジオラマ出されていた方なんて、もうケチョンケチョンです...。



 メンタルが強くないともちません!!



 で、そのひろた君の番が廻って来たんですが...アレアレアレ~?結構高評価なのであります。

 「アカンアカン!!出る芽は摘んどかんと!!」というのは冗談ですが、かれの作品はなかなかセンス良くまとめられており、将来に期待が持てる作風であります。

 本人は、結構な駄目出しが来るだろうと構えていたらしいのですが、みんなが優しく評価するもんでちょっと拍子抜けしたらしいです。

 ですので、審査員の皆さん今度ひろた君を見かけたらゴリゴリ駄目だししてあげて下さい!!

 (^^)


今回のモデスポでも、ドラマチックな出会いがありました。

 頑固者のブースで、今にも「ジオラマ喰ってまうんちゃうやろか!?いやいやちょっと喰ってるで~!」ってな感じで観ておられる二人組。ご挨拶をしてお伺いをしたところ、大阪市内で「craft spot One-Step」を営んでおられる方々(又このお二人メチャメチャえぇ感じの方なんですわ~!)でした。


 で、なんやら頑固者のこのブログを観ていて下さっているらしく、特にフィギュア塗装に興味を持って下さっていたらしく、「まさかこんなところでお会い出来るとは!!」とおっしゃって下さいました!


 そう!前回の篠原比佐人師匠との出会いの時の頑固者が言ったセリフが、まさか聞けるとは思いませんでした!(前回の出会いの件



 お~!ドラマチック!!(篠原師匠~!会いたいよ~!)



 他にも「ブログ拝見しておりまして!」とか、「関西AFVの会で観ていいなぁ~って思ってまして」など声掛けして頂く事がありました。


 嬉しさのあまり泣きそうなる頑固者!なんとも照れくさい話であります。


 そして去年のモデスポでお知り合いになった「バーディ」さんとお会いし、長い時間お話することがで出来て楽しかったね~。モチロンその他にも多くのモデラーサンにお会いして交流情報交換させていただきました。


 京都のハイセンス・モデラーズクラブ「REVOLVER」のメンバーや腹ペコ山男さん、ISAKAさん京都模型のさん...数え切れないですね!! 皆さん大変お世話になりました!

 今回のお隣のテーブルには、関東からやってこられたモデラー「あんずぼう」さん。大変親しくなり、開催期間中は模型談義に花が咲きました。


 あんずぼうさんも頑固者の飾り台が大変気に入って下さったらしいので、その製作方法を事細かに伝授させて頂きました。


 「最初はどうなんだろう?って思ってたけどめちゃくちゃ収穫がありました。参加して良かったですよ!」って言葉を聴いたとき、「あ~コレがモデスポやな~」って思っちゃいました。


 モデスポって、実は発表の場というよりは、モデラー同士の交流会みたいなもんじゃないかと思っております。


 「ATCにやって来て作品を見てきました、凄かった~」で終わるんじゃなく、ソコから一歩踏み込んで凄かった作品・気になった作品の作家さんに声掛けして交流を持つことで、色んな情報を得ることが出来ると思います(他のイベントでも言えることですけどね)。



ってか、それしないと勿体無いや~ん!!



 みんな意外と細かい技法伝授してくれますよ!!(^^)


 だから、あんずぼうさんやOne-Stepさんの言葉が本当の(主催者の狙う)モデスポだったりね。


 ひろたくんもコンテスト出さなかったら、”ネ申”やすこっつ師匠、その他のグレイトな作家さんのセンスもらえなかっただろうし知り合いにもなれなかったでしょう。モチロン頑固者も人の作品の批評聞くことで足りない事気付く事が出来ますモン。


 去年終わってから、なんや判らんモヤモヤ感のあったモデラーズ・エキスポですが、ココに来て自分の中のモデスポが固まって来たように思います。


 いつかサポーターズエキシビジョンのコーナーを抜け出し、あの大舞台で展示出来る様になれればえぇなぁ~っと我思う訳であります。


 他にも泣きそうな出来事あったんですが、それは次回の講釈!



 最後にコジマ大体長のメチャカッコエェ「ゲルググ・イェーガー」であります!!

d0215815_12534678.jpg














[PR]
by forza-ragazzi | 2013-11-09 13:07 | AFVで色々ありまして... | Comments(16)

"Wir haben euch erwartet!(待ってたぜ!)"

d0215815_23561513.jpg
d0215815_23563175.jpg
d0215815_23564877.jpg
d0215815_23581462.jpg
d0215815_23582726.jpg
d0215815_2357448.jpg
d0215815_23574085.jpg
d0215815_23595884.jpg
d0215815_045597.jpg
d0215815_00341.jpg
d0215815_071363.jpg
d0215815_005131.jpg
d0215815_013265.jpg
d0215815_085580.jpg
d0215815_01861.jpg
d0215815_01449.jpg
d0215815_010539.jpg









[PR]
by forza-ragazzi | 2013-11-08 00:02 | 待ってたぜ!!ロシアジオラマ | Comments(4)

今年も感動したぜ!! モデラーズ・エキスポ'13

 いや~大盛況の中、モデラーズ・エキスポ'13が閉幕いたしました!!

 今年も沢山の来場者で会場はあふれ返り(なんでも3500名だそうな!!)、今でもまだ余韻冷めやまぬ感じであります。


 会場への搬入日11/2は電車で運ばなければならなかった為、朝6:00出発であります。毎年恒例となりました、完成遅れの徹夜作業の為ヘロヘロで南港ATCへ8;00前に到着、当然誰も居られません...。

 展示場が開放され展示場所に案内されると...なんと19番!! 頑固者のスーパーラッキーナンバーでありました!!(選んで下さったシック・スカートさんサンキュ~で~す!!)。

d0215815_0305527.jpg




 設営を終えパチリ!ちょっと、作品カードが安っぽいですが、まあまあの展示。ベージュのクロスが目立ってます!!

d0215815_131921.jpg




 今回持ち込んだ作品は3点。

 まず、去年のモデスポにも展示し、あれから思う存分手直しした...

 "Eine Blume fur verlorenes Leben.(その命に花を添えて)"

d0215815_031345.jpg




 関西AFVの会に出品した会心の作品...

 "Wir haben euch erwartet!(待ってたぜ!)"

d0215815_0315052.jpg




 そして今回初披露する(だって当日の3時に完成したんだもん!!)ジオラマ...

 "Mein Gott...ich bin besoffen...(なんてこった...酔っ払っちまった...)."

d0215815_032676.jpg



 であります。


 各作品評判良く、頑固者はご機嫌で、

d0215815_0331429.jpg



 こんなお顔で3日間過ごさせて頂きました。


 特に、先に製作リポート致しました「飾り台」が異常なほどに評判良く、多くのモデラーさんにその制作方法の質問を受けたのであります。

 色々嬉しい事、楽しかったこと等は次回のリポートでご報告申し上げたいと思います。

 何はともあれ、スタッフの皆さん、このイベントに携わられたモデラーさん、ご来場頂いた皆さん...

 お疲れ様でした!!

 又来年お会いいたしましょう!!(ってか、それまでに会うか...)。

 何時もならココから気になった作品ご紹介するんですが、今回は止めときます。だって凄い作品みられたのは来場者の特権だも~ん!!

 でもチョットだけ。この日一番の笑顔の彼女!!

d0215815_154277.jpg


 (腹ペコ山男さんの作品)








[PR]
by forza-ragazzi | 2013-11-06 01:12 | AFVで色々ありまして... | Comments(2)

モデラーズ・エキスポ絶賛開催中!!

 只今、大阪は「南港ATC 10F」におきまして、「モデラーズ・エキスポ'13」が大盛況開催中であります!!

 本日初日も沢山のお客様がいらっしゃって、もうエライ事になっております。

 私、頑固者1967も同時開催「サポーターズ・エキシヴィジョン」にて、新作展示中なのであります!


d0215815_211455.jpg



 素敵な笑顔で頑固者が皆様の御越しお待ちしております(^^)

d0215815_21182938.jpg


[PR]
by forza-ragazzi | 2013-11-02 21:20 | AFVで色々ありまして... | Comments(6)