<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

無い物は作る!! ロシアの家

 前回は木組みの物置小屋でしたが、今回は母屋の製作であります。


 どんなもんかいなあ~?とネット検索、その中からこんな感じの家をチョイス。

d0215815_22381597.jpg
d0215815_2238780.jpg
d0215815_22375068.jpg
d0215815_2237311.jpg



 どうやらウクライナ地方の農家のようです。まぁ特徴としては、白壁(漆喰かな?)で、基礎の辺り(?)を木板で囲ってあり、茅葺の屋根であります。

 こんな感じの建物は製品化されていない為、当然のごとく自作となるのであります(いや~しかし前途多難ちゃうん...)。



 まず、ジオラマベースに家の基礎となる、木板で囲った土台を製作します。ちょっと製作記が前後しますが、ジオラマベース上の大体の配置を決め、それに副ってスチロール板を配置し、その周りを細切りの檜材で囲っていきます。

 檜材は幅・長さを不揃いな感じに切断し、表面は経年変化で痩せた感じだす為エッチングッソーなんかで木目を刻んでおきます。

d0215815_22385025.jpg



 前回の木組み小屋との配置はこんなもんでしょうか? 家の壁は勿論スチロール板であります。

d0215815_22391466.jpg



 続いての製作に取り掛かります。

 最初はMiniArtの窓を使おうと考えておったのですが...どう考えてもこの地方のものよりデカイ!

 仕方なくこれも自作であります。

 画像から大体の大きさを測り1mmのプラ角棒で製作します。

 実はえらい失敗で、この窓開きません!!ですので、開く窓を製作し直しました...

 (^^;)

d0215815_22393154.jpg



 そんでもって当然窓枠も自作。プラ板を切って製作いたします。これも経年変化の表現のため、木目刻んでおきます。

d0215815_22395367.jpg


 そして塗装。コゲチャのサーフェイサーを吹き、次に影になる箇所を残して、と申しますか木枠の塗装が剥げそうな部分にダークイエローを吹きます。 この辺は吉岡”ネ申”師匠の家具製作を参考に致しました(この作業はモデスポのデモで直接ご指導頂きました!!)。

d0215815_22401033.jpg



 そして、エナメルでフィルタリング。刻んだ木目に塗料が入り込みエェ感じに仕上がりました。

d0215815_22403183.jpg



 窓枠を塗り、透明プラ板でガラスを製作(雰囲気作りの為、割ってみました)。

 位置決めして、スチロール板を繰り抜きはめこみます。

 う~ん、よく出来ました!! (^^)

d0215815_22405164.jpg
d0215815_2241132.jpg



 次回はの仕上げと茅葺屋根の製作であります。









[PR]
by forza-ragazzi | 2013-06-24 22:55 | 待ってたぜ!!ロシアジオラマ | Comments(2)

頑固者、小屋建てます!!

 え~、静岡ホビーショウーに出品しようとしていたジオラマですが、相変わらず進んでおりません...。

 関西AFVの会までには...と思って製作を進めております。



 今回選んだ舞台は'41~'42の東部戦線のロシア辺りの村であります。

 先に製作したMirageのT26を使ったジオラマ造りて~!今まで以上の大きさのジオラマ造りて~!って事でこれを選んだのであります。

 ロシアの村...全然知りません...。どんな家なのかも解りましぇ~ん!!

 (-。 -;

 ここでネット検索。

d0215815_21563938.jpg
d0215815_21562553.jpg



 ナルホドこういう感じな訳ですね。MiniArtなんかで出てるかな~?...やっぱり製品化されてないので勿論自作であります。



 まず、木組みの小屋製作してみたいと思います。

 材料は、細切りの檜材を使います。画像では家の細かい部分まで解らないんで、いつものように「こんなもんかなぁ~?」で製作進めます。

 最初に組み合う箇所に切りかけを入れます。ちょっとイージーな切り方したので後々厄介なことに...。

d0215815_21574270.jpg





 こんな感じで組み上げていきます。TAMIYAのスチレンボードで基礎の石垣を製作。石垣の表面のゴツゴツ感を木工エポキシで再現出来るかな~?っとやってみましたが、上手く張り付かず断念。

d0215815_21575933.jpg





 組み込み完成。上のも同じく檜材にて製作。

d0215815_21581748.jpg





 ジオラマベースに置いてみるとこんなもんでしょうか。

d0215815_21583681.jpg





 それっぽいコゲチャを塗装。エナメルの黒とハルレッドを混ぜてえぇ感じの色作ります。今までならTAMIYAの溶剤で薄めますが、今回はハンブロールの溶剤を使います。こっちのほうが、なんやら伸びが良いのです。(現在ハンブロールの塗料は、テロ対策のおかげで輸入出来ずメチャ品薄であります)

d0215815_21585063.jpg





 あとは、これに屋根つければ完成であります。

 今回はここまで。これから母屋の製作であります。












[PR]
by forza-ragazzi | 2013-06-20 22:07 | 待ってたぜ!!ロシアジオラマ | Comments(2)

頑固者、リメイクする!

 静岡ホビーショウーも終了して少したちますが、頑固者はチョットトーンダウン...。

 作りかけのジオラマも、なんだか進んでいません...。

 う~ん...このままだと、今年の関西AFVの会がヤバイことに...。

 私のモデラーハートに何時火が着くんでしょうか...?



 さてさて、今回のホビーショウーには今までの作品を手直しして展示しましたが、「じゃあ何処いじったの?」って事で...。


 去年の年末、チョ~憧れの篠原師匠にお会いした際、私の作品で色々アドバイス頂いた箇所の手直しを実行いたしました。

d0215815_23345882.jpg





 まず、「狙撃兵が窓枠に構えるとき、布みたいな物で支えて安定させるんじゃないの?そんなのがあったらいぃねェ」

 やります!!

 何がえぇんかな?と考えた末、ポンチョでいかが?ということで、TAMIYAの紙製ポンチョシートを水で濡らして形を整えて、ライフルと窓枠の間に置いてみました。

 う~ん...ちょっとヴォリュームあり過ぎ...?

d0215815_23353748.jpg





 「窓枠に割れたガラスと室内にカーテンレールとかあったら雰囲気出るよ~」。

 やります!!

 ガラスは透明プラバンをサイズを合わせ接着。下は割れた表現してみました。

 カーテンレールはプラ材にて製作。ヨーロッパのカーテンレール...判りません!!

 仕方ないので、ニトリで見たもの(以前画像で見たものがこんな感じだったような...?)を再現してみました。

d0215815_2336464.jpg





 「部屋に掛けてあったであろう、額入りの絵画とか、壁の額の跡なんかあったらイィ感じになるんだよね~。」

 やります!!

 この辺は吉岡”ネ申”師匠もダイオラマ・パーフェクションで記事にされておられました。やはり、名人ともなりますと、皆さんその辺はキッチリされるのでしょうね。

 額入りの絵画は、実は制作途中にアイデアは湧いていたのですが、タイムアップで断念しておりました。

 ヴァーリンデンなんかで額売っておりますが、結構な値段しよるんです...ですので自作。

 これもプラ材を使い製作。中に飾られる絵は、大好きなゴッホの「黄色い家」であります(実は頑固者の作業場にも同じ絵を飾っておるのであります)。

d0215815_23371413.jpg
d0215815_23373041.jpg

d0215815_23381868.jpg





 と、まぁこんな感じでリメイクしたのであります。

 「細かいところの解像度がググッッとあがりましたね~!とても雰囲気が良くナッたと思いますよ。」と師匠からお言葉頂き、舞い上がっております。

 なんていうのでしょうか?その場で生活しているとでも申しましょうか、そういう目線で見てみると色々足りない物あるべき物が見えてきて、「リアル」に近づいて行くのではないでしょうか?


 この作品を含め、静岡ホビーショーに展示した作品を、現在京都VOLKSにて展示して頂いております。

 二階スケールモデル売り場に行かれた時、良ければ見てやって下さい!!

 ご感想頂ければありがたいです

 (^^)








[PR]
by forza-ragazzi | 2013-06-08 23:57 | ジオラマ作ってみましてん | Comments(4)

まだまだあるよ! 静岡ホビーショー’13

ではでは、残りの気になった画像から...


d0215815_16303982.jpg
d0215815_1630511.jpg
d0215815_1631999.jpg
d0215815_16312614.jpg
d0215815_16313632.jpg
d0215815_16314965.jpg
d0215815_16315939.jpg
d0215815_1632141.jpg
d0215815_16323721.jpg
d0215815_1632524.jpg
d0215815_1633868.jpg
d0215815_16332949.jpg
d0215815_16334658.jpg
d0215815_16335883.jpg
d0215815_16342740.jpg
d0215815_1635120.jpg
d0215815_16351578.jpg
d0215815_16353011.jpg
d0215815_16354442.jpg



 いや~皆さん目を見張るものがありますね~!!参考になります。


 最後にAFV以外の作品。

 エアプレーンモデルクラブ・WINDSさん。

 会長のdeavionさんとは、私の作品をご自身のブログで紹介して頂いてからのお付き合いであります。

 凄腕ですよ~!!

d0215815_16402122.jpg
d0215815_16403279.jpg
d0215815_16404233.jpg




 会場で見つけたハーレィのチョッパー達。作者ご自身も乗られるということで、完璧なモデリングです。

 パン・ショベルのエンジン、コイルの装着位置、アクセルのコイルケーブル、ベルトドライブや自作のチョッパーフレーム...どれをとっても凄すぎます!!こんなの乗ってみて~!!(頑固者、実はハーレィ所有者であります!!)。

d0215815_16453988.jpg
d0215815_16454812.jpg
d0215815_16455817.jpg
d0215815_1646811.jpg
d0215815_16462853.jpg
d0215815_1646423.jpg




 会場にはガンプラをはじめ多くのキャラ・モデルもありましたが、先のご紹介した釘宮さんのゾックのジオラマがチョ~お気に入りであります!

d0215815_1650449.jpg




 ラストを飾るのは、九州・福岡の「そろもんず」の美形女性モデラー(ホンマに可愛かった!!NAKABAさんのマシーネンです(すいません、何モデルか知らないです...)。鋳物のような処理がナイスで、女性兵士の塗装がワンダフルです。

d0215815_1653354.jpg





 というわけで、初参加のホビーショウーを満喫してきました。

 ほんとは、新作のジオラマを持ち込めれば最高~だったんですが...(T。T

 来年はジオラマをデデ~ンと展示したいと思う頑固者であります!!


 では、関西AFVの会に向けて製作開始であります!!

 (^。^)







[PR]
by forza-ragazzi | 2013-06-05 23:58 | AFVで色々ありまして... | Comments(2)