<   2012年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

年末にあった二つの嬉しい事(^-^)

 いや~早いもんで2012も終わろとしています。

 今年は、頑固者にとって実り多い年となりました。

 地元モデラークラブ「SOMETIME」への参加や、ブログを通して知り合ったり、数多くのイベント参加にして交流を深めたモデラーさん達という素晴らしい財産を得る事が出来ました。
 何かをする時に、相談にのって貰ったり同じ価値観を持った仲間がいるというのは本当に心強いものなのです。

 なんともはや素晴らしい2012となりました。


 で、年末にあった嬉しい出来事のまず一つ目。

 我が愛するGAMBA大阪が天皇杯決勝に進んだ事!

 プラモとは全然関係ないですが、本当に今シーズン苦しい日々が続いておりましたが、しかし最後の最期に我々サポーターに素敵なプレゼント送ってくれました!

 いやいや!まだ後一勝です!

 最高のプレゼント期待してます!


 二つ目の嬉しい出来事ってぇのが、その一年の締めくくりと言ってはなんですが、モデラーズ・EXPOでゴロツキモデラー頑固者に声を掛けて下さった、篠原比佐人師匠(これが又気さくな方なんですわ~!)と忘年会(酒抜きだけどねぇ~)やってきました。

 憧れのアーティストモデラーとタイマンで色んな模型談議か出来るなんてホント夢のような話です。

 場所は中津のカンテグランテ。あのウルフルズ発足の地なのです。

d0215815_1463050.jpg



 ここぞとばかりに、模型についての質問しまくって来ました!メチャメチャ為になるアドバイスいっぱい頂き、その模型感なんかや業界のちょっとNG話、ほんでもって少~しプライベートetcを伺う事が出来ました。

 頑固者はちょっと緊張気味だった為、軽く猫被ってましたが、普段考えてる模型への熱い想いを語らせて頂きました。

 夢のようなえぇ時間をすごさせて頂きました!(師匠これからも宜しくお願いいたします)

 今回、篠原師匠と話していて、一つ気付いた事があるのです。頑固者は師匠は勝手に関東人だと思い込んでおりましたが関西人である事が判りました。そんなもんでず~っと関東弁で喋ってはると記憶してたのですが、普通~に関西弁喋ってはりました。

 記憶とは曖昧なもんでありんす。


 兎に角、終わりよければ全て良し!!

 最高の年末でした。

 来年も良いことありますように!

(^_^)v











[PR]
by forza-ragazzi | 2012-12-31 01:50 | AFVで色々ありまして... | Comments(2)

上手くなりたいんや~ その一

 いや~寒くなりましたね~(><)

 頑固者の今の仕事場は京都市の北の果てなので(金金キラキラ寒さ半端ないです。



 さてさて、大盛況の中閉幕した「モデラーズ・EXPO2012」。頑固者はその中のサポーターエキシヴィジョンに出展するという暴挙にでた訳であります。

 その出展を決意して、「さてどんな作品を制作しようかいな?」と思案しておりましたところ、吉岡”ネ申”和哉師匠が関西AFVの会'12に出品されていた作品を思い出し、「上手くなりたいんや~!」の想いを込めて、小さなヴィネットをいくつか製作することにしたのであります!!

↓↓吉岡師匠の作品です↓↓(そんなもん言われんでも判るてか?)
d0215815_4223573.jpg



 この作品は、ごらんの通りフィギュア一体石柱瓦礫のみの小さなヴィネットではありますが、その作り込まれたフィギュアはもちろん、弾痕の残る石柱(攻殻機動隊みたいやで~!)やその足元に広がる瓦礫、ハタマタその石柱と瓦礫の色合いなど素晴しいものなのであります。

d0215815_4232481.jpg



 すこっつ師匠曰く「これは石柱の高さと土台の高さの比率を計算して作られてるんやで~。」

 Oh~!!なんとトレヴィア~ン!!

 で、このコンセプトを真似して製作いたします!!



 今回製作するのは、ZVEZDAドイツ狙撃兵セット」を使ったものであります。

 以前に紹介した「Ronnie!」を製作したときに思いついたアイデアを形にしてみます。



 まずは、そのベースとなる建物から。TAMIYAのスチロール板から製作いたします。壁を形成するレンガをいつもの技法を使い製作。少し剥がれ落ちた内壁はプラ版を使い再現します。

d0215815_4241582.jpg



 次に床板。細切りの檜の棒を、後の作業の為にチョット長い目に切ってそれらしく並べて製作します。

d0215815_4243278.jpg



 出来上がった壁と床を合わせてみます。壁紙は新撰組・Klein'sの花柄デカールを使ってみました。

d0215815_425047.jpg



 床の塗装は、最初VAのセピアを使ってやってみましたが、乾燥すると白さが目立つようになり断念。結局エナメルのスミ入れ用に作ってある物で仕上げました。そうそう、人が歩き回るあたりは、少し薄いめに塗って剥げた感じに仕上げます。

d0215815_4253029.jpg



 建物終了~。壁紙は剥がれたように表現したかったので、デカールを用紙そのまま手で切って貼っています。床は崩壊した感じを出す為にえぇ長さでボキボキッっと折ってやります。窓枠はMiniartを使用。シャドウ入れすぎたかなぁ...。
 
d0215815_439528.jpg
d0215815_4391893.jpg
d0215815_4393270.jpg



 で完成~!!

d0215815_4395863.jpg
d0215815_4401381.jpg
d0215815_4402823.jpg



 狙撃兵もえぇ感じに仕上がりました!!

d0215815_429227.jpg
d0215815_4292849.jpg
d0215815_4294524.jpg



 足元に崩壊した建物の瓦礫(檜棒や石膏と赤パステルを混ぜて作ったレンガ)を配置して、雰囲気を再現してみました。

d0215815_431744.jpg



 狙撃兵の傍らには、この作品の題「その命に花を添えて」のメインアイテムの赤い花を配置。自分が撃ち殺した兵士の数、花を並べているという設定でございます。花はドライフラワーを使用しております。



 吉岡師匠のように「素晴しい作品!」とまではいきませんが、今の自分の持てる全ての技術を注ぎ込んで見ました。

 次回・その2では、もう一つの作品「突撃!」であります

 (^^)










[PR]
by forza-ragazzi | 2012-12-28 04:06 | ジオラマ作ってみましてん | Comments(0)

地面、こんな作り方してますねん・1944秋

※完成画像追加しました(^^)

 以前、「石畳の作り方」を投稿しましたが、今回は「地面の作り方」であります。

 どんなにいい車両・フィギュアを作っても、そのまんまでは寂しいものであります。そんな時、ちょっとした地面があれば、いい雰囲気になるもんです。

(^^)

 このやり方も石畳同様、すこっつ道場で習得したものであります。結構簡単なんで、是非挑戦してみてください!!(う~ん...ばらし過ぎると師匠怒るかなぁ...?)




 まず、TAMIYAの高密度発泡スチロールで大体の形を作ります。奥が柵になる予定なので、ちょっと高くしときます。手前が道なので、押さえて軽いデコボコを作っておきます。
 次の作業の為に、全体に木工用ボンドを塗っておきます。

d0215815_232842100.jpg



 次に、TAMIYAテクスチャーペイントを使って、地面の土を製作します。この製品、「こんなん誰が使うねん!?」と思っていたら、自分が使ってました...。なかなか優秀な製品です。
 今回はそのまんま使用しましたが、コーヒー殻などを混ぜれば、荒れた地面が作れます。

d0215815_23292151.jpg



 地面の石を表現するのに、拾ってきた小石をそれらしく配置します。配置する箇所も考えながら並べましょう。テクスチャーペイントが乾く前に置けば上手くヒッツキます。

d0215815_23294122.jpg



 続いて、柵の登場。TAMIYAの道標セットの柵を大きさに合わせてカットしボンドで接着します。
 柵は、ベースをカーキドラブ、全体の色をフラットホワイトでエアブラシしました。

d0215815_23311340.jpg



 柵に、エイジング処理してみます。ブラウンだと違うかな~?っと思うので、やっぱカーキドラブでやってみました。こっちの方が、自然な感じになりますね。ホントは後一色入れればもっとりリアルになったかも?
 柵の足元に生える雑草をテクスチャーペイント・草カーキで再現します。これも結構使えまっせ~!!

d0215815_23313311.jpg



 地面がテクスチャーペイントのまんまだと「なんやこれ!?」って作品になるので、表情をつける為に本物の土を撒きます。普通の土なんですけど、いわゆる「ふるい(めの細かいザル)」で濾した土(砂よりこまかいです)を使います。茶漉しなんかで作れますヨン。
 それを全体に撒いて水溶き木工ボンド(しみ込みやすくするため食器洗い洗剤をすこ~し入れときます)で固定します。
 1色では寂しいんで、二色ぐらいエェ感じに撒きます(ちなみに明るい土は「東寺の土塀築地」、暗い方は「山科本願寺」の土です。頑固者の仕事場なのです。坊主じゃないよ~)。

d0215815_23315774.jpg



 柵後ろの背の高い草は、鉄道模型用の物を使っています。



 今回のモデ・スポで、この草の表現について、すこっつ師匠から貴重なアドバイスを頂きました。
 頑固者は、KATOの化学繊維のものを使いましたが、「それより釣具屋なんかに売ってる”獣毛”を使ったほうがえぇよ(^^)」との事。
 理由は、この化学繊維だと高さをそろえたときにカットした先っちょが断面になってしまう。獣毛ならば、先細りになりよりリアルな草になるとの事です。

 「目からうろこ」ですね~

 次回から使います!!



 柵の足元にミニネイチャーの雑草をボンドで配置します。
 横でドイツ兵が「まだ出来ひんのか~?」って怒ってます(^^)

d0215815_23323577.jpg



 フィギュアの配置はこんなもんでしょうか?

d0215815_23335941.jpg



 座ってる兵隊さんの為の木箱を、檜の木工材から作ってみました。
 何が入っている木箱なんでしょうか...? 本人もワカラナ~イ

 (^^)

d0215815_23342041.jpg



 で、完成~!!

d0215815_23563487.jpg



 う~ん...あんまりテーマ感じひん結果になってしまいました...。

 (・・;

d0215815_23565125.jpg
d0215815_2357169.jpg
d0215815_23573162.jpg

d0215815_23582973.jpg
d0215815_23584529.jpg
d0215815_2359152.jpg
d0215815_23591252.jpg
d0215815_23592224.jpg



 まぁ、えぇか...よくできました!!(誰も言ってくれないんで自分で言うときます...)


 このやり方を応用すれば色んな地面の表現が出来そうです。

 \(^。^)/







[PR]
by forza-ragazzi | 2012-12-15 23:43 | ジオラマ作ってみましてん | Comments(6)

最近こんな塗装してますねん!

 え~、やっと今年の全イベントが終了し、やっぱちょっと燃え尽き症候群な頑固者であります。

 思えば今年は、フィギュアに始まりフィギュアに終わった一年でありました(ヴィネットかな?)。



 実は、今年一年でフィギュアの塗装方法が大きく変わりました。

 静岡ホビーショウまでは、従来通りの、聖典「ダイオラマ・パーフェクション」に載っている、アクリル塗料によるエアブラシ塗装法「吉岡塗り」だったのであります。

d0215815_23271031.jpg



 しかしこの方法、作業後半にフィギュアの細部を塗装する時やデカールを貼る時に、うまく定着しなかったグラデーション部に触れてしまった時に剥げさせたり、塗膜の弱さによりテカってしまったり...。

 どうしたものか...?と悩んでおりました。

 そんでもって、色んな作家さんのフィギュアの塗装方法をお伺いしたり探っていると、古いAM誌でこんな記事を見つけたのです。

d0215815_23273743.jpg



 原型氏であられる「本馬幸雄」氏による本馬式塗装法を発見したのであります!!

 なんやら、カルビン・タンさん(凄いねぇ~この人)の塗装方法(黒立ち上げ)を参考にしてるとか?

 早速パクリます!! ぐっじょぶ!!

 上からエアブラシする基本色に、何の塗料を使うか書いてなかったんですが、「これって隠ぺい力の低いラッカー使ったらえぇんちゃうん?」とヒラメイた頑固者は、それを使い実行いたします。

d0215815_2332928.jpg





 まずは下準備。いつものように筋彫りなど細部のディテールアップを済まし、装備品などをえぇ雰囲気に装着させておきます(地道なこの作業が後で効いてくるんやね~)。今回はTAMIYA迫撃砲兵セット」を使用します。大きな改造はMP40を持つ手ぐらいでようか。

d0215815_23275847.jpg




 次に、GAIAの「サーフェイサーEVO」のブラックで全体を塗装いたします。これが全体の影色にもなります。

d0215815_23281420.jpg



 次も、GAIA(クレオスより隠蔽力が強いからね~)の「フラットホワイト」を使い、ディテールのハイライト(明るい部分)となるところに塗っていきます。ラッカーなんで乾燥が速い為、リターダーを混ぜて塗りやすくしておきます。多少のムラや艶は気にしなくてもイィ~んです。以前にすこっつ師匠にアドバイス頂いたステッチ際やポケット端などを中心に塗ります。

d0215815_23283466.jpg




 その上から、戦闘服の基本色となる色(ちょっとシンナー多い目に調節)を、ブヮ~っと全体にエアブラシします。

d0215815_23292544.jpg




 ここがこの塗装方法で一番の山場なのであります!!

 もうちょっと...モウチョット...で吹いていくと、あっという間に吹き過ぎてただの基本色になってしまいます(ハイライト消えちゃうヨ~)。一回一回注意深く観察して、「こんなもんかね~?」の一歩手前で止めるのが丁度いい位です(頑固者の場合はね)。

d0215815_232948100.jpg



 ディテールをVallejoヴァヤホ篠原師匠風)やTAMIYAアクリル、エナメルを使用して塗装します。

 そうそう、VallejoヴァヤホTAMIYAアクリルを薄める時は、コンタクトレンズを洗浄する時に使う「精製水」を使いましょう。上手い具合に薄まります。

d0215815_23302949.jpg



 記章・階級賞などのデカールを貼り、顔を「聖典」に則りハンブロールで塗装してほぼ完成。

 しか~し!!最後の難関が待っておるのであります。

 それは...

 フィギュアの艶のコントロール

 であります!!

 フィギュアの戦闘服に少しでも艶があると、リアル感が無くなってしまい、台無しになってしまうのであります。

 頑固者はこの作業に納得のいく結果が得られず、色々試しておったのです。

d0215815_23305075.jpg



 普通~にTAMIYAアクリルのフラットクリアーをエアブラシ。思った程艶は消えません

 我が「SOMETIMEotto会長より、マットメディウムをエタノールで溶かし薄~くエアブラシする方法を伝授。試してみましたが、ちょっとかけ過ぎると白~い粉噴きました...。
 アチャ~...

 (><)

 ハンブロールマットコートがえぇよ~とネットで発見し、即実験。エアブラシで吹く時の濃度が難しく頑固者は断念

 クラブ仲間のH.B.Chalicki氏から、「ウィンザー・ニュートンのマット・バーニッシュで瞬殺やで!」と聞き挑戦! しかし思った様にならず。

 どうしたものか...と。

 (・・;

 篠原師匠が言っていた「艶が出たら、色がつくか付かないかぐらいに薄めたアクリルの基本色をエアブラシするんだよ」

 ...やっぱアクリルかぁ...

 TAMIYAアクリルにマットメディウム? ふっと思いつき、試しにやってみます。

 おっ!!意外にえぇ感じです!!

 (^。^)

 あっ!!そうやん!!アクリル+さらにフラットベースは!?

 ...やっと、思った通りの艶消しにたどり着いたのであります!!

 ここくるまでナンボ¥費やしたんや~...(T。T


 篠原師匠のフィギュア塗装の参考文献 


 完成したフィギュアがこちら。

d0215815_23311520.jpg



 篠原師匠のワンダフルなアドバイスが、頑固者を成功に導いたのです!!

 師匠万歳!!

 \(^。^)/



 フィギュア塗装は、奥が深い...

 頑固者はマダマダ色んな塗装法を探っていきます!!








 
 

[PR]
by forza-ragazzi | 2012-12-11 23:26 | フィギュアさん | Comments(10)

いよっしゃ!獲ったど~!! VOLKSサンクス・フェスタ4

 やりました~!!

 \(^。^)/

 本日行われた、「VOLKS HS京都 サンクス・フェスタ4」において...

 「ミラージュホビー部門賞特別賞

 を獲得いたしました!!

 ※表彰状の名前が...元頁固者ではないです。頑固者です(^^;)

d0215815_23191241.jpg
d0215815_23192730.jpg



 エントリー数は...え~...5組であります...

 (^^;)

d0215815_23195317.jpg



 でも、めっちゃ嬉しいのです!!街のちっちゃなコンテストですが、頑固者のモデラー人生において、大きな一歩なのであります!!

 でも、肝心のAFV部門賞は...逃しました。

d0215815_23202168.jpg


d0215815_2320438.jpg





 総合優勝した作品はこちら

d0215815_23225310.jpg
d0215815_23231494.jpg
d0215815_23233651.jpg



 細かいところまで作りこんである素晴らしい作品でした。


 我が「SOMETIME」の会長が出店した「のみの市」もマズマズ順調に売れましたエ~!
 (ただ、メチャ安やったんで!)。

d0215815_23235695.jpg




 去年参加した時に、会長にナンパされ「SOMETIME」に加入して一年。

 今年は自分から積極的に周りのモデラーさんに声を掛けさせていただき(モデ・スポスピリッツであります)数多くのモデラー仲間ができました。

 ということで、「サンクスフェスタ」を満喫した一日でありました!!

 最後に本日来店していた、カワイコちゃんをパチッ!!

 (^^)

d0215815_23241627.jpg



 業務連絡・今日、SOMETIMEの出店でTAMIYAMARDERⅡを買っていった16歳の青年!!君もSOMETIMEに参加しておくれ!! 連絡待ってるぜ!!

 (^。^)/






[PR]
by forza-ragazzi | 2012-12-09 20:20 | AFVで色々ありまして... | Comments(10)

今年最後の締めくくり!! VOLKSサンクスフェスタ

 いや~、急に京都は寒くなりました

 (><)

 風邪には気をつけましょう。



 大一番「モデラーズ・EXPO2012」が終わって、「あ~...今年の全日程終了かぁ~(・。・)」と思っておりましたが、まだ一つ残っておりました。

 12/8、9に京都VOLKSにて開催される「VOLKSサンクス・フェスタ」に急遽参戦することになりました。

 コンテストがある事は知っていたのですが、「まぁ時間的に新作は無理だろう」と思って断念しておりました。

 しかし先日出向いた折に、「以前にコンテストに出品したことの無いものならOK」という事をお伺いしたので、モデ・スポに出品した新作三点を出すことに。

 そんでもって頂いた受付用紙を見ると「Mirage部門」なるものを発見。

 その時点でまだ一つも無しとの事なので、以前に製作した「TANKIETKA TKS-MG15」も出品することに。

 製作記はコチラ

d0215815_1819744.jpg



 ただ、そのまんまだとちょっと寂しいので、フィギュア付きのヴィネット仕立てにしてみました。

      ※画像クリックでもうちょっと鮮明画像になります。

d0215815_18194990.jpg



 日曜日は、我がSOMETIMEの会長が、フリーマーケットに参加するということなので、お手伝いしに一日滞在しております。

 お時間のある方、「頑固者の新作見てみたい~!!」というネ申のような御方は、是非日曜日の「VOLKSサンクス・フェスタ」にお越しください!!

\(^。^)/








 

[PR]
by forza-ragazzi | 2012-12-07 18:26 | AFVで色々ありまして... | Comments(0)

まだまだあるぜ!! モデラーズ・EXPO2012

 続いて、気になった・えぇやん!な単品作品です。


d0215815_18394988.jpg
d0215815_18395953.jpg
d0215815_1840618.jpg
d0215815_18401356.jpg
d0215815_18401965.jpg
d0215815_18402930.jpg
d0215815_1840374.jpg
d0215815_1844426.jpg
d0215815_18441331.jpg
d0215815_18442237.jpg
d0215815_18443725.jpg
d0215815_18444645.jpg
d0215815_18445897.jpg




 いいですね~(^^)



 つぎは、サポーターズ・エキシヴィジョンに出品されていた作品です。

 まずは、お隣で展示されていた「腹ペコ山男」さんです。

 大変沢山の有意義なお話をさせていただきました。

d0215815_18493658.jpg
d0215815_18494787.jpg
d0215815_1850560.jpg




 次は、1/72の素晴らしいAFVを展示されていた「72和会」さんのブースです。

 1/72のスケールで、ここまで再現・塗装されているのが、驚異であります。

 展示されていた、ひろたさんに色々製作のヒントになるアイデアを、お伺いすることが出来ました。

d0215815_18543096.jpg
d0215815_18544027.jpg
d0215815_18545355.jpg
d0215815_18571265.jpg
d0215815_18573138.jpg
d0215815_18574427.jpg
d0215815_1858026.jpg




 その他の作品。

 ほんとはもっとあったんですが、デジカメ電池切れOUT!!

 (・・;

d0215815_18593250.jpg
d0215815_18594499.jpg









.
[PR]
by forza-ragazzi | 2012-12-06 18:43 | AFVで色々ありまして... | Comments(2)

ヤッパすごいぜ!! モデラーズ・EXPO2012

 続いては、ジオラマヴィネットであります。

 吉岡”ネ申”和哉師匠をはじめ、すこっつ師匠、そして初めて見るジオラマ作家さんの傑作・名作がズラ~リ並んでおります。

 頑固者も今年2012はジオラマ&ヴィネットの製作に時間を費やしました。

 それゆえここに並ぶ作品の凄さがヒシヒシと伝わってくるのであります!!

 う~ん...どれだけやったらこんな素晴らしい作品を製作出来る様になるのでしょう...



 では、ご紹介いたします!!(フィギュア編とカブってるのもありますが、そこはご愛嬌)

d0215815_045227.jpg
d0215815_0452193.jpg
d0215815_0452594.jpg
d0215815_0453881.jpg
d0215815_0454145.jpg
d0215815_0455414.jpg
d0215815_0455568.jpg
d0215815_046968.jpg
d0215815_046923.jpg
d0215815_0462163.jpg
d0215815_0462680.jpg
d0215815_0464025.jpg
d0215815_0464217.jpg
d0215815_04656100.jpg
d0215815_0465821.jpg
d0215815_0471432.jpg
d0215815_0474964.jpg
d0215815_0481728.jpg
d0215815_0482973.jpg
d0215815_0483896.jpg
d0215815_0484735.jpg
d0215815_049221.jpg
d0215815_0491527.jpg
d0215815_0493625.jpg
d0215815_050553.jpg
d0215815_0501720.jpg
d0215815_0503240.jpg
d0215815_0505326.jpg
d0215815_051696.jpg
d0215815_0512287.jpg
d0215815_0513974.jpg




 どれもこれもグレ~トですね~!!

 (^^)

 いよっしゃ!!燃えてきたぜ!!







[PR]
by forza-ragazzi | 2012-12-04 00:59 | AFVで色々ありまして... | Comments(2)

ビビって来たぜ!! モデラーズ・EXPO2012

 早いですね~もう一週間がたちました。

 頑固者はというと、展示されている数多くの超絶作品を見たり、自分の作品の反響の無さや、ギリギリまでやっていた作業のせいで、この一週間は燃え尽き症候群の様な状態でございました。

 (・・;)

 そんなこんなのモデ・スポ頑固者リポート第一弾は、俺をビビらした「超絶フィギュア」特集であります。

 ほんとはもっとあったんですが、又もやデジカメの電池切れという小2並のアクシデントに見舞われ、画像に収めることが出来ませんでした(新しいの欲し~い)。


 それでは行って見ましょう「超絶フィギュア」の世界であります。


d0215815_1110242.jpg
d0215815_11103880.jpg
d0215815_11104852.jpg
d0215815_11105524.jpg
d0215815_1111870.jpg
d0215815_11111853.jpg
d0215815_1135502.jpg
d0215815_11112977.jpg
d0215815_11113361.jpg
d0215815_11114328.jpg
d0215815_1111505.jpg
d0215815_1112314.jpg
d0215815_11122817.jpg
d0215815_11124182.jpg
d0215815_11124669.jpg
d0215815_1113174.jpg
d0215815_1113985.jpg
d0215815_11205065.jpg
d0215815_11361477.jpg
d0215815_11363170.jpg
d0215815_11364552.jpg
d0215815_1137545.jpg




 如何でしょう!!

 もう、グレートすぎてため息しか出なかったりして...

 車両と違い、ちょっとでもリアルさ(ディテールのこだわり)が薄れると、なんだかチャッチイ物になってしまう怖さがありますが、恐れずチャレンジしていきたいと思います。

 モデ・スポ画像、まだまだ続きます!!

 (^^)









[PR]
by forza-ragazzi | 2012-12-01 11:21 | AFVで色々ありまして... | Comments(4)