<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

謎のドイツ戦車!?

 出戻って、早2年

 「俺はシャーマン戦車を極めるぜ!」と宣言したのにも関わらず、最初に買った「TAMIYA・Ⅱ号F/G型」以来ずっとドイツ戦車つくり続けております。

 順で言うと「Ⅱ号F/G」→「ヤークトタイガー」→「Ⅱ号J型」→「マーダーⅢM」→「タンケッテ」→「140/1偵察戦車」、間にチョロっと「ケッテンクラート(未発表)」。

d0215815_2226819.jpg


 
 こうしてみると、軽戦車好きなのがチョンバレ...。

 最近ちょっと増えだした「積みプラ」も半分が軽戦車(しかも全部東ヨーロッパメーカー)。

 普段乗ってる車は「ダイハツ・ミゼットⅡ

 おいらのアソコは「ポークビッツ」...では無いが、なんやら小さいモンに縁があるようで...。

 模型屋に行っても軽戦車ばかりに目が行きます。

 まぁ、完成品保管しておくスペースの問題もありますし、ジオラマにするのも小さくてすむ。



 そんなこんなで、次回作のジオラマを考えていると、そういや何か変な戦車をネットで見つけたなぁ?

 ってことで今回の御題「謎の軽戦車」なのであります。

 この下の画像をごらんあれ...
d0215815_22102542.jpg
d0215815_15522647.jpg
d0215815_2211418.jpg
d0215815_15525868.jpg



 これは何ナンでしょう!?

 (・。・;)

 二台とも「パンター」のような傾斜車体。上の戦車は、車体後部が「ポルシェ・タイガー」みたいで、足回りは「Ⅱ号ルクス」、砲塔は「Ⅱ号J型」のようです。

 下の物は、車輪は「パンター」? 起動輪・誘導輪にいたっては???

 一見、HOBBY・BOSSから先日発売された「VK1602・レオポルド」見たいな感じ。

 まぁ二台とも試作戦車なんでしょうが、なんとも正体が知りたいのであります。

 もしご存知の方が居られれば、是非情報を!!

 m(_ _)m








[PR]
by forza-ragazzi | 2012-06-25 22:32 | AFVで色々ありまして... | Comments(0)

ドイツ兵...君は、なぜ泣く...?

 静岡ホビーショウーも終わり、ひと段落。

 しかし、次の目標「関西AFVの会’12」が迫ってくるのです!

 ん!? まだ6月だって!?

 いやいや、毎年ケツカッチンで中途半端な仕上げ...

 今度こそは、バッチリ目標を達成し、納得のいく作品を作り上げようと、今から綿密なスケジュールを組み(いや無理ちゃうん?)、製作に取り組むのであります!



 まずは、ホビーショーに持ち込むことが出来なかった作品に取り掛かります。



 作ろうとしていた「ドイツ兵行軍ジオラマ」、なぜ完成させることが出来なかったか?

 実は、このフィギュアのアイデアが生まれた為なのであります。

 どんなフィギュアなのか...?



 「泣くドイツ兵」なのであります!



 自分の思い描くポーズの物が無いため、「AFV四天王・吉岡師匠」目指してセミスクラッチに挑戦です。

 製作方は、聖典「ダイオラマ・パーフェクション」に則り進めてまいります。


 ベースとなるのは、TAMIYA・MARDERⅢMに付属の戦車兵にします。

 小柄な感じに仕上げるため、腹を詰め戦車服のモールドを削り取ります。

d0215815_0215573.jpg




 次に、TAMIYAのエポパテを使って戦闘服のディテールを作ります。

 戦闘服はM44にしました。

 襟と裾を作ります。

d0215815_026785.jpg




 手は、TAMIYAアメリカ兵のモノを流用し、左腕はキットの物・右腕は一から製作します。

 足元のレギンスも作りこみます。

d0215815_031876.jpg
d0215815_0475382.jpg




 次に戦闘服本体の製作です。

 部分ごとに再現していくため、時間がかかります...

 (^^;)

d0215815_0352378.jpg




 そんでもって、次は胸ポケット。

d0215815_037696.jpg




 ダ~っと進みますが、胸ポケット・ズボンポケットの蓋、作ります。

 プラペーパーを使ってサスペンダーを製作します。リングは真鍮線を丸めたものです。

 ここで問題が...襟の下をサスペンダーが通るようにしたい為、泣く泣く作った襟とモールドの襟を取り去り、作りなおします。

 もちろん、一パーツごとの製作になります。

d0215815_0432770.jpg




 装備品を付けて完成~! ポンチョは塗装後に取り付けます。

 (^。^)/

 ヘッドパーツはHornetの物を使ってみました。

 泣いてるように見えるかな~?

d0215815_0474344.jpg




 人間、何でも挑戦するもんです。

 この一体仕上げることで自身がつきました!

 この技術を身につける事で、ジオラマにおける表現がひろがりますね。

 塗装が楽しみ~

 (^^) 









[PR]
by forza-ragazzi | 2012-06-21 01:02 | フィギュアさん | Comments(2)

え!?ここナンシーちゃうのん!?

 「え!?ここナンシーちゃうのん!?」完成です(タイトルふざけちゃいました...)

 (^。^)y

d0215815_23211799.jpg
d0215815_23252591.jpg
d0215815_23261284.jpg
d0215815_23263296.jpg




 偵察隊の戦車兵とオートバイ伝令兵のコミュニケーションシーンを再現してみました。

d0215815_082056.jpg




 戦車兵も何とか完成しました。

 でも、やっぱ顔の塗装に不満が...修行が足りん!!

d0215815_0141421.jpg




 我がSOMETIMEotto会長が、このジオラマを見て一言...

 「国防軍の戦車兵には、迷彩服はないねんけどなぁ...」

 ∑(--;) エェッ!?

d0215815_0251583.jpg




 確かに、デカールの襟章も合ってるかが怪しい...。

 (・。・;)

 雰囲気で...許してください...。

d0215815_029479.jpg
d0215815_030611.jpg




 オートバイ兵も、たいしたディテールアップ無しでも、まぁえぇ感じです。

d0215815_0342786.jpg




 何か小物を...と考えた末、ジェリカンを置いてみました。

d0215815_0364790.jpg
d0215815_0372797.jpg




 静岡ホビーショウに間に合わせる為に、結局予定よりスケールダウンを余儀なくされましたが、とりあえず出品できる形にまでもって行けたので、まぁ良しとしてください。

 (^^;)

 とかなんとか言っておりますが、この作品は10月のクラブ展示会に向けリファイン(ぶっ壊す)予定です!

 今度はプラン通りに仕上げたい!!

 (^。^)








[PR]
by forza-ragazzi | 2012-06-15 00:57 | ジオラマ作ってみましてん | Comments(0)

ジオラマベース・石畳作りまっせ~

 ジオラマベースの製作です。

 本来なら、このジオラマは「土の地面」で「家あって」で「木生えてます」のちゃんとしたジオラマに仕上げるつもりが、いつもの様に時間切れで、簡単ジオラマ(ヴィネット?)になっちゃいました...(いい加減ちゃんと間に合わせよう...)。

(^^;)

 製作の基本は、すこっつ道場で学んだ方法です。


 TAMIYAスチロール板5mmを使って製作します。

 すこっつ師匠曰く、この製品が一番良いとの事です。

 木製ベースに合わせて切り出します。

 レイアウトはこんなもんでしょうか?

d0215815_0165934.jpg




 次に、よく書けるボールペンを使って石畳のテクスチャーを付けていきます。

 ベースと並行だとなんか面白くないんで、ちょっと斜めに入れていきます。

d0215815_0174224.jpg




 そんでもって、これでも面白さに欠けるので、スチロール板の端をブロックのテクスチャーに合わせて切り込んでいきます。

 オリジナリティー出てるかな?

 (^。^)

d0215815_0181965.jpg




 
 次は、スチロール板の目止めや、簡単な凹凸付けるために、水で薄めたリキテックスのモデリングペーストを全体に塗ります。

 塗装の乗りもよくなります。

d0215815_0185666.jpg




 いよいよ色付け。

 手持ちのアクリル絵の具が無いので、TAMIYAのアクリルを精製水を使って薄め、全体に塗ります。

d0215815_020672.jpg




 このままではノッペリとしたまんまなんで、ブロック一つずつを、色を微妙に変えて塗っていきます。

 この後の作業を考えて、あえて明るめの色調にしておきます。

d0215815_0213762.jpg




 最後に、ブロックの隙間を塗装するのにつや消し黒をシャブシャブにしたのもをスミイレの要領で行います。

 クレオスの水性アクリルを使った理由は...特に無いです。

 (-。-)

 ついでにベースに置いてみました。

d0215815_024146.jpg





 アップではこんな感じです。


d0215815_0245481.jpg




 この方法を使うと、建物の製作が出来ますね。

 (^^)

 次回は完成編なのであります。








[PR]
by forza-ragazzi | 2012-06-08 00:15 | ジオラマ作ってみましてん | Comments(5)

頑固者、バイクモデル作る!!

 バイクモデル作りま~す!

 とは言え、やっぱりミリタリーモデル、1/35であります。

 実は、頑固者1967はバイク乗りなのであります(しかし、結婚してからは乗らせてもらえてない...)。


 気合入ります!


 製作するのは、以前紹介したTAMIYA・DKWなのであります。

d0215815_2261661.jpg




 「バイク乗りだー!気合いだー!」とは言ったものの、時間がないんでケーブル類ぐらいしかディテールアップ出来ません...。

 ホンマやったら、スポークとかスロットルケーブルとか再現したかったんですが...。

 とりあえず、素組み&プラストラクトの0.4mmのプラ棒でケーブル類作ります。

d0215815_2282418.jpg




 続いて、いつものシャドー・サフ吹きます。

d0215815_2284477.jpg




 で、迷彩塗装。箱絵を参考に、オーソドックスな三色迷彩です。

d0215815_22102183.jpg




 エンジン・シートなどを、ヴァレホエナメル使って、細かい塗装をします。

 エンジンの塗装ですが、取説では「メタリックグレイ」と指示してありますが、シリンダーはなんで「耐熱・黒」、クランクケース、シリンダーヘッドはアルミやし「シルバー」ちゃうん?と勝手に判断して塗っちゃいました。

d0215815_2295166.jpg




 チッピング、パステルウェザリングを行って、完成~...って、デカール忘れてるやん!!

d0215815_2211242.jpg




 伝令係りのフィギュアを乗せて撮影!

 戦闘服の迷彩は、戦車兵の時と同じで、TAMIYAアクリルヴァレホを使い塗装。

d0215815_22112767.jpg
d0215815_22122652.jpg




 パンツは、otto会長に頂いた「新撰組」デカールを参考に塗装。

 本当はそのデカールを使い、簡単迷彩をするつもりが、どうやっても上手く貼れない...

 挙句の果てのには、塗装を剥がしてしまう始末...

 (T。T)

 まぁ、何とか出来たんでOKです!

d0215815_22133163.jpg
d0215815_22135216.jpg



 デカール貼って、取説の地図持たせて、アクリルのフラットアースを使い泥はね塗装して、ジオラマに配置します。

 あっ!地図の裏を隠すの忘れてた...。

 (^^;)

d0215815_22201459.jpg




 次は、ベース製作&完成編です!

 (^▽^)Y







 

[PR]
by forza-ragazzi | 2012-06-03 22:05 | ジオラマ作ってみましてん | Comments(0)