<   2011年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ぃよっしゃ~!!「'10関西AFVの会」

 さてさて去年の話になりますが、念願の「関西AFVの会」に参加してきました。

 日本各地で行われる「AFVの会」と言うコンテスト(展示会かな?)の関西バージョン(バージョンて・・・)なのであります。

 コンテストと言えば、実は以前に頑固者はあるコンテストで入賞したことがあるのです

 もうかれこれ30年程前「中2」の事、ガキンチョ時代の行きつけの近所の模型屋「城南模型」「小倉模型」「京都模型」の三店合同コンテストにて「佳作」に入選したのです。(今でもやってんのかな~?だれか情報下さい!!)

 その時出品したのがTAMIYA の「M5A1」と「M48・PATTON」。たまたま申し込み用紙を二枚貰うことが出来たので、二作品出すことに。

 その日の為に気合を入れてせ製作したのは「M5A1」。雑誌「PANZER」を見ながらあれこれ頑張りました。

 しかし入選したのは・・・「M48・PATTON」(T。T)完璧に素組みやったのに・・・。「M5A1」は見向きもされず。

 でも、嬉しくて飛び上がったの覚えております。


 前置きが長くなりましたが、そんなこんなで、当日を迎えます。

 「AFVの会」の会場となる場所は日本橋VOLKS。この日のために製作した「ALAN Ⅱ号J型」を持って難波へと乗り込みます。

 店の前から異常なほどの緊張と期待とで挙動不審です。(^^;)

 エレベーターを降りるとそこは・・・聖地でした!!
d0215815_22332564.jpg



 まずはエントリーを済ませ場所確保
d0215815_21404022.jpg



 会場の中見て廻ります。

 まずは憧れの「AFV四天王・吉岡氏」の作品に注目

 超級フィギュアに悶絶。もう素晴らしいの一言!
d0215815_21454097.jpg
d0215815_21461388.jpg



 あと、気になった作品達。

 色合いが気持ちいい作品。
d0215815_21534412.jpg



 大好きなケーニヒス・ティーゲル(キングタイガー)。後期のプライマー迷彩(かな?)が大好き!
d0215815_228337.jpg



 同じケーニヒス・ティーゲルですが、ポルシェ案の物。いいですねぇ~。
 これを製作された方と一言二言お話出来たんですが、私前日の「大阪ダービー(私はG大阪サポ)」で声ガラガラだったもんで、ちゃんと会話出来ませんでした。
 もしこのブログ見られてたらご一報を!!
d0215815_22184995.jpg



 ご存知ティーゲルⅠ。
d0215815_22214324.jpg



 今回、ジオラマがテーマだったようです。

 私が注目した作品
d0215815_22273722.jpg
d0215815_2228557.jpg
d0215815_22284919.jpg
d0215815_22295538.jpg
d0215815_22354034.jpg



 いや~本当にどの作品も素晴らしかったです!!

 で、人間観察が大好きな私、この日会場に来られていた方で「友達になりたい!」と思った方々・・・

 ①ディスカッションで、ジオラマに使う木に付いた虫を取り除く方法を紹介していた青いスポーツシャツの方
 ②カッターシャツにスラックスで、作品一つ一つを食い入るように見ておられた髭面の方
 ③上記のポルシェ・ティーゲルの方
 ④この日ディスカッションに来ておられた吉岡氏
 ⑤AFVを愛する全ての方

 友達になってください!!(モデラー仲間欲し~!!)


 そんでもって、後日今回の「AFVの会」をブログでリポートされていた中で、この私の作品を紹介して下さった方が何人かおられました。

 ちょっとでも引っかかるっちゅうのは嬉しいもんであります。

 そんな中で、住友たかひろ氏が、HP内で「デデ~ン」と紹介して下さいました。
 何でも色使いが印象に残ったそうです。(画像提供していただきありがとうございました)
 
d0215815_22594635.jpg


 今年の日程も発表されましたネ。
 当然参加いたします!

 燃えてきたぜ!! (><)y

[PR]
by forza-ragazzi | 2011-04-26 23:33 | AFVで色々ありまして... | Comments(0)

ってな訳で,完成

 時間かかりましたが、完成いたしました。
 (^^)
 この角度からの迫力最高!!
d0215815_15563399.jpg
d0215815_15574622.jpg
d0215815_15581499.jpg
d0215815_15584630.jpg
d0215815_1559125.jpg
d0215815_16225729.jpg



 車載工具はこんな感じに仕上がっております。
d0215815_16161875.jpg
d0215815_1617012.jpg
d0215815_1617285.jpg
d0215815_16182642.jpg
d0215815_1619082.jpg



 戦車兵はTAMIYAから。

 実物写真などを見ると、砲塔前部・防盾部はもうちょっと幅広なようですが、キットのスタイルは抜群です。

d0215815_16213114.jpg



 箱開けたとき「さてさてどうなるやら・・・」と不安でしたが、なかなか良いキットでした。

 TAMIYA辺りから出ていれば、もっとパシッとしたモデルになるんでしょうが、実物が残ってないから、無理でしょうかネ?

 「AFV四天王(大楽氏・中須賀氏・吉岡氏・高石氏)」には到底及びませんが、仕上がりには満足しております。(コメント欲しいな~!!)

この作品は、現在(4/22)VORKS京都店にて展示中です。良かったら見てみて~
 (^。^)y
 
次回は、このⅡ号戦車引っさげて乗り込んだ「関西AFVの会」です。

[PR]
by forza-ragazzi | 2011-04-22 16:39 | ALAN Ⅱ号J型 | Comments(0)

四天王・吉岡和哉氏に近づけ!!

 さあ、やってみましょう!

 チッピング!!

 普通のチッピングではなく、ダークイエローが剥げ、その下のプライマーが出ている表現をしてみます。

 これは、AFV四天王・吉岡氏の「ダイオラマ・パーフェクション」の中のパンターに施された表現方法で、これを見た瞬間・・・「うぉーえぇやん!!パクったれ!!」・・・チュウコトでパクリます。
 (^^;)

 吉岡氏はこの表現を、

 「プライマー色シリコンバリヤダークイエロー+迷彩剥がし

の工程で行われていますが、頑固者1967は極度のメンドクサガリである為、

 「サンドイエロープライマー色錆び色

 でチッピングを行います。

d0215815_19234862.jpg



 エナメル塗料を使います。ダークイエローはスポンジと筆で、その他は筆にて行いました。

d0215815_19284269.jpg



 やってみると・・・やり過ぎ感や、吉岡氏には程遠いではありますが、想像以上の出来に上機嫌(まあ私なりですが・・・)。

 でも、実車ではこんな感じにはならないんでしょうね。過大表現満載です。

d0215815_19353324.jpg



 この後、パステルによるウェザリングを行いましたが、恒例のアクシデントが・・・

 パステル粉をアクリル溶剤でといて、コシの強い筆で ”トントン”と叩きながら作業します。

 しかし、作業途中でナンやらしてない箇所にチッピングが・・・?
 (・・;)!?

 なんとアクリル溶剤がエナメルを溶かしてました。

 結局、部分的にやり直すことに。

 うーん・・・やっぱ一回躓きますねぇ・・・

 って事で、チッピング完成

 (^。^)y

d0215815_20191619.jpg

 

[PR]
by forza-ragazzi | 2011-04-19 20:36 | ALAN Ⅱ号J型 | Comments(0)

迷彩が迷走?

 塗装します。

 サフを吹き終え、いわゆるシャドー吹き
d0215815_19134491.jpg




 で、ベースのダークイエロー・・・ではなく、ヤークトタイガーの時と同じくデザートイエローを吹きます。

 なんとなく色合いが好きナンですよねぇ。

 がしかし、せっかくシャドー吹いたんですが、イエロー吹きすぎて全く意味が無くなってしまいました。

 しかも、イエロー単色時の画像撮影するの忘れてました・・・
 (・。・;)



 いよいよ迷彩塗装します。

 中須賀氏の作例を見て「ワォ!めっちゃえぇやん!!」って事でパクリます。でもやってみたが似ても似つかない模様に・・・
 (-。-;)

 しかしここでミラクルが!

 砲塔と車体の模様を全く気にせず別々に塗装したんですが、出来上がったらピッタリ合ってました。
d0215815_20134665.jpg

d0215815_20141732.jpg


d0215815_20175085.jpg




 車載工具やハッチなど細部を塗装して、デカール貼ります。

 車体番号は全くのフィクション。頑固者1967のラッキーナンバー「19」をチョイスします。

 関西AFVの会に出品するつもりだったので縁起担ぎました。

d0215815_20264970.jpg


d0215815_20273075.jpg




 ウェザリングをする前なんでメッチャおもちゃっぽい。

 なのでエナメル塗料でウォッシング。ググっと雰囲気が良くなりました

d0215815_20462258.jpg


d0215815_2047095.jpg




 次回は、いよいよ今製作のハイライト「プライマーが出ているハゲチョロ塗装」に挑戦!

 
 

[PR]
by forza-ragazzi | 2011-04-15 20:42 | ALAN Ⅱ号J型 | Comments(0)

サーフェイサー大爆発!!

 いやぁハプニングっちゅうもんは、いきなり前触れも無くやってくるもんなのであります・・・


 その日は天候が悪かったので仕事はお休み。気持ちを切り替えプラモ造り「今日はやってやるぜ!!」と意気込んで製作に入ります。

 作業内容はサフ吹きであります。
 以前から缶スプレーによるサフ吹きを行っていましたが、どうも厚く吹きすぎ、細かいモールドが消えてしまうのを何とかしたいと思っていたので、缶からビンへと移し、エアブラシにて行おうという事に。

 TAMIYAのFINEサーフェイサー缶スプレーを空ビンに直接吹き溜めてゆきます。
d0215815_17334585.jpg


 40ccほど溜まったところで、エアブラシ作業の準備に取り掛かるため一度蓋をしたのです。

 エアブラシの準備も整ったところで、塗料を移し変えることに。

 蓋を開けたとき・・・

 「ポンっ!!」

 かわいく中蓋があきました。

 その時気付けばよかったのです・・・
 カップに移し変えたとき。塗料が炭酸ジュースのように泡だっています。

 その時気付けばよかったのです・・・
 サフ吹き開始。順調に作業が進みますが、ちょっと塗料が濃いかも?と思い溶剤をビンの中に直接注ぎ込むことに。


 再び蓋を開けたとき・・・

 「ボンっ!!」

 ちょっとだけ大きな音で中蓋があきました。

 その時気付けばよかったのです・・・
 溶剤をビンに注ぎ込み蓋を閉め振ること多数・・・。

 良く混ざった事を確認し、蓋を開けたその時・・・

 「ボンッ!!!」
 約一ヶ月前に起こった惨劇がいま目の前で起こっています
 (被災された方ゴメンナサイ(´`;))

 辺り一面のサフ吹きが完了しました・・・いやいや!!早急にふき取らねば!!

 しかし、何から手をつけてよいか分からずしばし呆然。

 被害の確認。

 ロードウォーリアーズなんかパイ投げの罰ゲームです。後ろで猫が笑ってます。
d0215815_17353525.jpg



 しかし奇跡と言うものは起きるものなんです。

 あれだけの惨劇にもかかわらず、服には全くかかっておらずしかも部屋の壁などにもほとんどかかってない。ついでに嫁が出かけていたのがせめてもの救い。

 きっと塗料がスプレーのガスで炭酸になってたんでしょうね・・・

 次回から、GAIAのサーフェイサー・エヴォで行います。

 (T。T)

 皆さんも気をつけて作業行いましょう。
d0215815_17361440.jpg

[PR]
by forza-ragazzi | 2011-04-08 17:38 | 作業で色々ありまんねん... | Comments(0)

ディテールアップをガンバル!

 と言うことで、車載工具や各部のディテールアップを、他車の実車写真や中須賀氏(友達になりたいわぁ)の作例なんかを参考に行います。

 キットに含まれるそれぞれの工具パーツは、お世辞にも「ええもん」とは言えないのが現実。

 結局、TAMIYAの「四号戦車車載工具セット」を、クランプのみアベールのものを使用することにします。

 大楽氏を目指しガンバリマス!!


 まず、パーツのクランプのモールドを削り取ります。

 スコップのカバーのモールドを追加してそれっぽくします。
d0215815_11123915.jpg



 始動用のクランプはキットのものを使用しますが、先っちょの部分をプラ棒にて製作。実物が分からないので想像で造り上げます。
 0.8のものに0.4の穴を開け差し込んで製作。実物が分からないので想像で造り上げます。
 ミラクル・・・(^^;)
d0215815_11224510.jpg



 消火器は、何故か前期型を使用。ハンマーのクランプ位置はもうちょっと中ほどでも良かったかな?
d0215815_11265970.jpg



 ジャッキ台はサイド部に木目モールドや固定枠を追加。
d0215815_11295444.jpg



 ライトコードをプラ棒にて製作。二股に別れている部分を再現。
 ノテックライト、ホーンはTAMIYAのものを使用。
d0215815_11325254.jpg



 車体後部の煙幕ケースを他車の実物写真を見ながら製作。マフラーガードはキットの物を参考に真鍮板にて製作。
d0215815_1141582.jpg



 ここまでで、こんな感じに仕上がりました。

 中須賀氏の作例で言われている通り、各部の「面出し」を行うことで、角がパシッと仕上がりスケール感があがりますね。

 やっぱ、こういう地味な作業が最後に生きてくるんでしょうね。
(^。^)Y

 それにしてもカッコいいです!!
d0215815_11575424.jpg

d0215815_11584470.jpg

d0215815_11595398.jpg

[PR]
by forza-ragazzi | 2011-04-08 12:08 | ALAN Ⅱ号J型 | Comments(0)

初めての「モデルカステン」

 生まれて初めての「可動履帯」に挑戦です。

d0215815_18342880.jpg

 左右の組み分けをしなければならないので、それぞれのパーツを紙コップに入れて間違わないようにします

d0215815_18375752.jpg

 これがなかなか・・・組み立てに骨が折れるのです
 メンドクセ~

d0215815_18414325.jpg

 カステンのセットに付属しているスペーサーを指示通り挟み込みますが、その厚みの分、外側に広がる事に気が付き・・・

d0215815_18472653.jpg

 転輪とサスペンションアームに、それぞれプラ板にて製作したスペーサーを装着して事なきを得ます。
d0215815_1851747.jpg



d0215815_18523710.jpg

 いままでのベルト式の物と違い、自然な緩みの表現が出来るのがやっぱいいですね。
 本体と同じプラ素材なので、塗装が出来るってぇのも、嬉しいかぎりなのであります。

 でも、価格がタケ~・・・


 さぁ次回から、車載工具などのディテールアップに入ります。
[PR]
by forza-ragazzi | 2011-04-06 19:07 | ALAN Ⅱ号J型 | Comments(0)

こんなん造りたかったんですわ~!

 お次は、ロシアはALAN HOBBY製「Ⅱ号戦車J型」でござりまする。

d0215815_18281946.jpg




 ワタクシこのモデルをVORKS京都店で発見し、なんと一目惚れしてしまいました。

 
d0215815_1916164.jpg


 Ⅱ号戦車といえば、思い出されるのはA~D型のあのご存知シュっとした(この言い方が関西ですね~)形なんですが、なんなんでしょうこの形!? まるで鳥山アキラのデフォルメされたイラスト戦車のようなカワイイフォルム。それでいて重戦車のような幅広のキャタピラ。

d0215815_19225091.jpg

d0215815_19213836.jpg



 正面のバイザーなんか、あのタイガーⅠのそれと同じ。

 もう、造らずにはいられません

 なんでも偵察用に開発されたらしいのですが、スピードが遅かった為、正式採用されなかったらしく、極少量が生産された希少車両なのであります。
 その為か現存車両がなく、しかも資料自体も皆無なのであります。

 もう、製作前の資料集めが大変。アハトゥンク・パンツァー「二号戦車」にて情報を得ようと思いましたが(勿論立ち読み)、それにも1,2ページのみ・・・。高い洋書を買うわけにもいかない。見つけたとしても、勿論立ち読み出来ないパッケージにしてあります。

 さぁどうしたものか・・・

 結局、中須賀岳史氏(吉岡和哉氏・高石誠氏・大楽直正氏を合わせた、頑固者の憧れの「AFV四天王」の一人)のブログでの制作例と、わずかな実車写真を参考に制作することに。


 今回製作においてのテーマは・・・
「関西AFVの会」に出展出来る作品を制作する。
②ヤークトタイガー続き、市販のエッチングセットを使わずディテールアップを行う。
吉岡和哉氏の「ダイオラマ・パーフェクション」のパンターをパクって、塗料が剥げてプライマーが出ている表現を行う。

 以上の目標を掲げていよいよ製作に取り掛かります!!


d0215815_19183112.jpg
d0215815_19198100.jpg


 まずは車体・砲塔の組み立てから。車体が箱組みなので歪まないように、サスペンションアームが凸凹にならないよう、それぞれ気をつけて接着します。
 車体・砲塔共に溶接跡のテクスチャーを付けます。

 う~やる気満々!! 
(^^)Y
[PR]
by forza-ragazzi | 2011-04-04 19:29 | ALAN Ⅱ号J型 | Comments(0)