カテゴリ:TAMIYA TigerⅠ( 8 )

やっと出来たよ~!感動だよ~! ~虎一完成編

 最近風呂前の全裸状態で鏡向かい、一人「300(スリーハンドレット)ごっこ」しております、頑固者1967でございます。
 (^^)



 さてさて、一日に3本もブログ更新するというオッカナビックリ行動しておりますが(だって~今日急に仕事休みになったんだも~ん)、それもこれもこの完成画像をいち早くUPしたかったからであります!!


 我愛するモデラーズクラブ「SOMETIME」のメンバーでプロのカメラマンであるyumikon1234氏が撮影してくれました!!先日お邪魔した時、ワザワザ自宅にブースまで作って撮影してくれました。感謝感謝!!

 当然、私が持っている安モンデジカメと違い、抜群の解像度であります!! 構図バッチリ!! 色合いバッチリ!! 私の作品でないような素晴らしい画像に仕上がっております!!

 グダグダ前置きはここまで、ジックリ御鑑賞ください!!


d0215815_14524812.jpg
d0215815_145391.jpg
d0215815_14535355.jpg
d0215815_14541158.jpg
d0215815_14545538.jpg
d0215815_14551179.jpg
d0215815_14553572.jpg
d0215815_1456115.jpg
d0215815_14563210.jpg
d0215815_14564748.jpg
d0215815_1457497.jpg
d0215815_14582186.jpg
d0215815_14583479.jpg
d0215815_14585379.jpg
d0215815_14591018.jpg
d0215815_14593280.jpg
d0215815_14594536.jpg
d0215815_150579.jpg
d0215815_1511382.jpg










[PR]
by forza-ragazzi | 2014-05-21 15:03 | TAMIYA TigerⅠ | Comments(14)

完成まで後一歩!!~虎一、地面製作編

 胡坐かいてパソコンに向かっているせいか、腰がひじょうにヤバイです...頑固者1967であります。


 さて、いよいよ地面の製作であります。

 今回は、初心に戻り「すこっつ師匠のジオラマ教室」で学んだことを思い出しながら、「すこっつスピリッツ」で製作進めたいと思います。


 まず、完成したジオラマベースをマスキングして、賛否両論「タミヤ・テクスチャーペイント」(私は大好きです!!)を使い、地面を作ります。

d0215815_1358326.jpg





 その次に、いつもの土・砂を使い地面に表情を付けていきます。固定はモーリンのスーパーフィックスを使用。道路の設定なので、轍や道の真ん中等を意識しながら撒いていきます。そしてすこっつスピリッツ・セラムコートで着色してやります。

d0215815_13583569.jpg
d0215815_13584737.jpg





 雑草の表現です。使用するものは「スタティックグラス」「ミニネイチャー・冬の訪れ」「JOHFIX・ワイルドグラス」「テクスチャーペイント・草カーキ」でございます。まず、スタティックグラスをマットメディウムで固定、次にミニネイチャーを配置、最後にワイルドグラスを軽く撒いて雑草の表情豊かにしてやります。履帯跡の所々にテクスチャーペイントを擦り付けてやり、セラムコートで着色、周りと馴染ませてやります。

d0215815_1404559.jpg





 いよいよ虎をベースに固定。履帯跡と合うように配置いたします。次に履帯ウェザリングの時に使った泥を使い、履帯跡の轍をより一層リアルなものに再現いたします。

d0215815_141982.jpg
d0215815_1413185.jpg
d0215815_1414668.jpg





 それにセラムコートで着色すれば出来上がり!! 色合わせるのを忘れずに!!

d0215815_1421195.jpg





 ここで作業中にある物を発見! スタティックグラスの中に一枚の葉っぱ。実はこのスタティックグラスはジオラマ教室の時(一回だけ参加しました、後はほぼ通信教育です)に貰った物でありまして、その時に混ざっていたようであります。

d0215815_1423520.jpg





 「お~えぇやん!!」 すこっつ師匠が「こうしなさい!!こうやってナイスな仕上がりにしなさい!!」と言っておられるが如くであります!!

 師匠やりま~す!!∠(^。^)

 すぐにVOLKSに走り、「紙創り・雑木」を購入!!


 彩り豊かにする為、イエローグリーン・リノリウム甲板色・フラットブラウンを使い着色します。それを先の丸い棒を使い反らせて枯葉っぽく仕上げます。

d0215815_143071.jpg





 それを枝からカットして、

d0215815_1432344.jpg





 約200枚を生産。多色にしたおかげで自然な物に近付きました。

d0215815_14340100.jpg





 それを、マットメディウムを使い一枚づつ固定。

d0215815_1435563.jpg





 今回ベースの左前に木があり、そこから舞い落ちた枯葉という設定なので、その辺りに固定。地面や雑草の色、舞い落ちた時の疎密を考え固定していきます。

d0215815_1442353.jpg





 さぁこれでやっと完成しました!!

 次回は完成画像編であります。

 ∠(^ー^)











[PR]
by forza-ragazzi | 2014-05-21 14:07 | TAMIYA TigerⅠ | Comments(2)

女性はデコルテまでが顔!!~虎一ベース製作

 朝起きたら身に覚えの無い筋肉の痛みを感じ、最近体力の衰えを痛感しております、頑固者1967でございます。


 さてさて、過激なお題で始まりましたが、その真意は最後に!!

 もう静岡でお披露目を済ました虎一ですが、まだまだ製作記が追いついておりませぬ。今回はヴィネットベースの製作であります。



 本来ならば大きなジオラマでお披露目と行きたかった訳なのですが、いつもの通りグダグダ製作でケツに火が着かないと(追い込まれないと)頑張らない頑固者でございます。結局、静岡用のヴィネットベースを製作することで作業進めて参ります。


 まず車両の配置の確認。飾りベース(着色済み)にタイトルプレートの分差し引いた大きさに切ったスタイロフォームを置き、エェ感じの配置考えます。絶対にベースと並行に配置する事は避けましょう!!

d0215815_11423299.jpg





 轍を切り出し易くする為、分割して作業してみます。

d0215815_1143053.jpg





 履帯の跡をマスキングテープで記し地面製作に備えます。

d0215815_11432244.jpg





 そして今回初の試みをしてみました。大方のアイランドスタイルとなるとこの部分はプラ板を使われているのを多く見受けますが、人とはチョット違う事をしたがる頑固者は立ち上げ部に檜を使い、美しいヴィネットベースを追及してみます。本当は角を丸くしたかったのですが、色々な障害があり断念(次回に解決したいと思います)、仕方なく八角形としてみます。

 各面の長さを合わせた細切りの檜材を製作いたします(虎用の画像撮り忘れたんで、同時進行のT26のベースです)。

d0215815_11435117.jpg





 これをスタイロフォームのベースに接着いたします。各角に隙間が出来ないように微調整をしっかりしておきます。マスキングテープを貼って接着はキッチリしましょう!!

d0215815_11442130.jpg





 完全に引っ付いたら、まず立ち上げ部の上面を地面の高さまでカットして、オイルステインで着色いたします。

d0215815_11444612.jpg





 次に、塗料の吸い込み防止と簡単な目止めを兼ねて、木部プライマーを吹きます。今回は下部ベースがちょっと大きめの木目な為、3回吹き付けておきます。

d0215815_11451426.jpg





 乾燥したら、地肌の毛羽立ちを取るのを忘れずに!!この作業すっ飛ばすと、後々の仕上げに影響いたします。

d0215815_11454011.jpg





 今回画像撮り忘れちゃったんですが、この後サンディングシーラーまで分けた状態で塗装します。その心は!?その方が面の平面を出す為のサンディング作業が行ない易い為であります。これはそうした方が絶対良いです!!

 そしてやっとベース同士を接着いたします。立ち上げ部と下部ベースに隙間が出来ないようにしっかりと接着しましょう!!

d0215815_11461192.jpg





 この作業の後、仕上げのクリアーを塗装いたします(画像は無いで~す)。




 以前にも記事にしましたが、このクリアー仕上げの塗料に頑固者は車用の缶スプレーを使用しております。この製品の利点は他のクリアー(模型用やその他の物)より塗膜が断然強い!!という事であります。これは屋外での対候製を重視している為に変性ウレタンというものを使用しているのです。それと他のスプレーと違い、若干垂れ難い配合としているようで、表面に塗料をコッテリと載せてやれるのです。それ故自然の平坦面が出来、美しい艶が出来るのであります。

 塗膜が強いという事で、カーモデルの鏡面仕上げの様な作業を行い、より一層平坦面を出し工業製品っぽい仕上げも行なえます。


d0215815_2350932.jpg




 車用にはメジャーなもので3メーカー、「ソフト99」「Holts」「イサム」があります。「ソフト99」「Holts」は一液性(溶剤が乾燥して硬化する)、「イサム」は二液性(エポパテなんかと同じ主液と硬化剤を混ぜる物)となっております。「イサム」は塗膜が断然強いですが、一度缶スプレーの中で攪拌してしまうと大量の塗料が残ってしまい、コスト的に良くない結果を招きます。それに対し「ソフト99」「Holts」は通常の缶スプレーの使用方法と同じなので、我々も扱いに慣れているのでこちらをチョイスした方が良いでしょう。

 頑固者は「ソフト99」「Holts」の製品どちらも使用経験がありますが、使用感や仕上がりは「Holts」の方が良いような感じです。これは、「Holts」に比べ「ソフト99」の方が若干溶剤がきついのか、折角平坦面を出したサンディングシーラーを溶かし(溶けるのは当たり前~なのですが...)てしまい、木目が現れ鏡面に成り難い感じがします(今回の虎は「ソフト99」を使用しました)。カー雑誌の比較記事では「Holts」の方に軍配が上がっていますので、そちらの方をチョイスした方が良いでしょう。

 それと、飾り台の仕上げには缶スプレーを使用した方が絶対良いです!!(ステインで終わらすフラットな仕上げは除く)。今回のホビーショウーで多くの作品を拝見させて頂きましたが、筆によるニス仕上げの作品を多くみかけました。しかしここにまで「力」をかける事でより一層作品が引き立つ事は間違いないです!!

 飾り台の重要性は、頑固者が吉岡”ネ申”和哉師匠に頂いた最初のお告げであります!!


 教訓!! 「女性はデコルテまでが顔!! ジオラマはベースまでが作品!!」


 これAM誌とかで記事にさせてくれへんかなぁ...。



 ツラツラと書いてみましたが、実際に経験するのが良いので、皆さんのお試しください!!

 ∠(^ー^)


 それと、このブログを読んで下さっている皆様の反応を知りたいので、よろしければ質問・ご意見etc...(今回の記事に限った事ではないですが...)コメント頂ければありがたいです!!










[PR]
by forza-ragazzi | 2014-05-21 12:07 | TAMIYA TigerⅠ | Comments(4)

虎一、履帯泥だらけ!

 最近観た「アナと雪の女王」の中で歌っておられる「神田沙也加」さんのポテンシャルの凄さに驚愕している今日この頃、頑固者1967でございます。



 さて、虎一の製作も大詰めでございます。今回は履帯のウェザリングなのであります。

 この虎は、最終的に冬のウクライナ地方のジオラマ(好っきやな~)にする予定なので、泥だらけの履帯に仕上げます。




 リッチなモデラーさんやハイセンスなモデラーさんなら、マッド・ウェザリングとなるとパステルやピグメントをフンダンに使われますが、ボンビ~モデラー頑固者は本物の土を使用して泥再現を行います。仕事場(現場)でエェ感じの土や砂なんかを見つけては拾ってきてはタッパーにストックしております(言わばこれもピグメントでございます)。


 今回は、その中から画像にある細砂と東寺土塀の粉塵ほどの微細砂を混ぜて作ります。モチロンそのまんまでは固まらないので、水溶き木工ボンドを混ぜて泥状ペーストを作ります。

d0215815_1123226.jpg




 このまんまでは色がちょっと淡い感じがしたので、すこっつ師匠に教えてもらったセラムコート(アクリル塗料)の黒とウォルナットを混ぜて湿った感じの色に仕上がるようにします。

d0215815_113178.jpg




 試しに塗って色合いの確認。ん~...湿ってる時はえぇ色合いなんですが、やっぱ乾燥すると白っぽくなっちゃいますねぇ...。今回は塗った後、直接着色いたしまする。

d0215815_113189.jpg




 先ほどのペーストを筆に取り、履帯の隙間に塗っていきます。履帯の擦れて金属色が出ているところは、予めエナメルのクロームシルバーでドライブラシ掛けときます。

 はみ出しても気にしません! そんな時は水で濡らした綿棒で拭きとってやればOK!! 

d0215815_1134426.jpg




 それを乾燥させたものがこれ! やっぱ思ったとおり白っぽくなっちゃいました。ついでに車体についた泥も表現しておきます。

 自然素材(ホンマモンの土)を使うと、砂の粒が揃ってないのでそれなりにリアルになりますね。

d0215815_114221.jpg




 先ほどのセラムコートを使い着色いたします。 お~えぇ具合に仕上がったんじゃぁないでしょうか?湿ったウクライナ地方の泥になりました。

d0215815_1141927.jpg




 車体後部はこんな感じに仕上がっとります。

d0215815_1143541.jpg




 後は、ホビーショー展示用の簡単なヴィネットベース製作して終わりございます。

 お披露目は静岡で!! (^。^)








[PR]
by forza-ragazzi | 2014-05-07 01:24 | TAMIYA TigerⅠ | Comments(6)

虎一、汚します!

 我愛するGAMBA大阪の低調ぶりに一抹の不安を抱いて日々過ごしている頑固者1967でございます...。

 さてさて、静岡ホビーショウーに向けて製作している虎一ですが、ココに来てやっとピグメントウェザリングが完了いたしました。

d0215815_19361314.jpg



 ホルベインやらヴァリャホのピグメントを駆使し作業進めます。


 こんな感じで仕上がっております。

d0215815_19371972.jpg
d0215815_19375725.jpg
d0215815_19381848.jpg
d0215815_19383570.jpg




 砲塔・キューポラ辺りはこんな感じで仕上がっております。最後にもうちょっと手を加えましょうか。

d0215815_1942962.jpg




 転輪はこの通り。最終ジオラマの舞台がロシアの冬(好きだね~)な為、湿った黒い土を表現しております。ちょっと大雑把でしょうか?

d0215815_19444558.jpg
d0215815_19445827.jpg




 後は履帯装着してベースに配置すれば完成!!

 う~ん...フィギュア乗せるか乗せまいか...?悩みどころです!!




 さてさて、この作業において力を発揮した秘密兵器!!

d0215815_19504691.jpg



 これでいろんな角度に固定して作業する事が出来、大変便利なのであります。実は元ネタは中須賀名人のブログにて拝見したものをヒントに、手元の道具をチョイと手を加え作ってみました。

 静岡まで後僅か!!何とか完成させたいと思っております!!

∠(^-^)








[PR]
by forza-ragazzi | 2014-04-27 19:59 | TAMIYA TigerⅠ | Comments(8)

頑固者、新境地!?...虎一

 虎一、前回までは...(24風であります!!)

 無事迷彩の基本塗装を終え、今回から細かい塗装に入ります。



 さてさて、この第2SSの虎ですが、画像から読み取るに大変くたびれておるわけであります。もう画像からは迷彩柄も上手く読み取れない状態...。で、やっぱ迷彩も相当薄れておるのではないかと。

 ではそれをどう表現するか!?

 色々試行錯誤した結果、スポンジヤスリでグリーンとブラウンをちょっと削ってやる事に。これでエイジングしてやると結構えぇ感じに仕上がる訳であります。

 チッピングもいつもならチマチマ描いておったのですが、リアルさを求め、チョットした刃物なんかでプラ地肌(整形色がジャーマングレー)まで実際に削ってみました。

 デカール貼って艶消しクリアー吹いた状態がこちら。

d0215815_0474495.jpg
d0215815_048447.jpg




 如何でしょう!?こすれてダークイエローがうっすら出ている感じが良いのです!!



 でもやっぱりこれだけでは物足りないので、チッピングを書き足してみました。

 車載工具などディテールも塗装して、あとはパステルウェザリングで一旦完成であります!!

d0215815_049112.jpg
d0215815_0492955.jpg
d0215815_0494592.jpg
d0215815_051147.jpg
d0215815_050092.jpg
d0215815_0513050.jpg
d0215815_0514630.jpg
d0215815_052548.jpg
d0215815_0523158.jpg










[PR]
by forza-ragazzi | 2014-04-17 00:58 | TAMIYA TigerⅠ | Comments(6)

虎一、迷彩...難し~!!

 さてさて、SHSに向けて製作中のTiger1前期型でありますが、基本工作が完了し、いよいよ塗装であります。


 いつものコゲ茶サフを吹いた後、シェード残しながらGAIAのドゥンケル・ゲルプ(2)をそのまんまで吹き、次にインテリアホワイトを混ぜて明度を上げたもので上部を塗装いたします。

d0215815_23585157.jpg
d0215815_23591917.jpg





 さあいよいよ迷彩開始であります!!

 再現する車両の画像は、当然白黒であります。ですのでどんな感じの迷彩かハッキリ解らない為、同じく第二SSのクルスク時の物(グランドパワー・ティーガーカラーズ)を参考にすることに。


 まずはダークグリーンであります。後のフィルタリングの事を踏まえ、ちょっとPOPな色合いにするためにクレオスのRLM82ライトグリーンで塗装いたします。

d0215815_23595057.jpg
d0215815_00548.jpg





 続いてブラウンであります。これは赤褐色にダークイエローを混ぜたものを吹きます。

d0215815_01148.jpg
d0215815_012013.jpg





 さあ、如何なものでありましょう? 迷彩のパターンって難しいですね...。

 最後は、シェードを吹いて大方の塗装完成であります。

d0215815_015458.jpg
d0215815_02692.jpg
d0215815_022329.jpg
d0215815_023610.jpg
d0215815_025119.jpg
d0215815_03338.jpg














[PR]
by forza-ragazzi | 2014-04-12 00:05 | TAMIYA TigerⅠ | Comments(12)

次はSHS!!

 なんやかんや言うても、もうすぐ静岡ホビーショーの季節がやってまいります。

 今年のSHSには当然SOMETIMEも参加いたします。

 で、只今SOMETIMEのメンバーで「TIGERⅠ CONTEST」なるものを開催しておりまして、それも今回のSHSで見ていただいた方に投票していただこうと言う大胆な企画なのであります!

 各メンバーがそれぞれに選んだメーカーで虎を製作しておる訳ですが、頑固者が選んだモノは「TAMIYA Tiger1 初期型・アベールエッチングセット」でございます。

d0215815_16174667.jpg




 そんでもって、再現しようとしている車両はこれ!!

d0215815_1622761.jpg
d0215815_163546.jpg
d0215815_1642576.jpg



 第2SS/ダス・ライヒのS33号車であります。

 S33と言えば、有名な「ダオフー逆さ福」マークの車両なんですが、今回製作するのはその後の仕様であります。


 とりあえず、ここまで組みあがりました!!

d0215815_1692761.jpg
d0215815_1694982.jpg




 最初はエッチングなんか使わね~ぜ!!と意気込んでおったのですが、当然限界を感じポロポロ使ってしまいました。

d0215815_16103044.jpg




 それでも、ボンビ~な私はフェンダーを買うのが惜しかったので、真鍮板切り出して製作。

d0215815_16111143.jpg



 やったら出来る子やん、頑固者!!


 クリーニングロッドもスクってみました。

d0215815_16122348.jpg






 最終的にはフィギュアを配置してジオラマに仕立てたいと思っておる訳でございます。


 ところで、キットのまんまに消火器を配置しようとしたところ、なんか収まりが悪いのであります。

d0215815_1612581.jpg



 う~んよ~解らん...。どなたか教えて下さいませ~!!

 (^^;)








[PR]
by forza-ragazzi | 2014-03-20 16:21 | TAMIYA TigerⅠ | Comments(7)