カテゴリ:フィギュアさん( 9 )

大人の事情ですわ...

 愛娘・頑固者2014が39°の熱を出しアタフタしています...。

 頑固者1967です。(-。-;)



 さあてさて、今回のアーマーモデリングに掲載された塗装法が意外にも皆さん興味を持たれたみたいで、「やってみようかな~?」なんて声が聞けて感激しております。
 
 その塗装法ですが、ヤッパリ言われてしまいました「ブラック&ホワイト塗装法」...実はこう呼ばれるのがメチャ嫌なんです...(あ~コメント頂いた方ゴメンナサイ!!)。

 まぁやってる事は同じなんですが、私はもっと前からやっとります!! 

 なんやったら車両もこのB&W塗装法が世に出る前にやっとります(失敗したけどね~)←クリックで記事に飛びます

 元々は古いAM誌に掲載されていた本馬幸雄氏の塗装法からヒントを得ております。

 そのへんのエピソードはこちら←こちらもクリックで飛びます!

 ですので私は「本馬式黒立ち上げ塗装法EVO」と命名しております。しかし、今回のAM誌では大人の事情でこの名前が使えず...。実際、本馬氏と面識ある訳でもなく、当然許可もらってないですからね(誰か紹介して~!!)。

 なんやったら「頑固塗り」の方がスッキリしててえぇでしょうか?

 この塗装法まだまだ進化中であります!

 画像のビネットはその塗装法を最初に使ったもの。モデ・スポ'12にて展示しました。

d0215815_1503612.jpg












[PR]
by forza-ragazzi | 2016-08-20 02:16 | フィギュアさん | Comments(6)

アーマーモデリングに載りましてん!

うわ~!めっちゃ久し振りっす!

頑固者1967です。



この度「月刊アーマーモデリング2016年9月号」にて、私がいつも行なっているフィギュア塗装技法が掲載される事になりました。

いや~感無量っす!!


で、まず今回の記事でチョット訂正があるんで、まずはそこから。

私がいつもやってる技法の手順が画像と解説セットで紹介されているんですが、

掲載されている①と②の画像と解説文は問題ないんですが、③の画像は④の解説に当たる画像です。
確認いただければ分かるんですが、薄っすらと基本色が塗装されていて、一回目の基本色の吹き付けが終わった段階の画像になります。
したがって、④の画像が3~4回吹き重ねた画像(⑤の解説文)になります...。
②と③の間には、③の解説通りのガイア・フラットホワイト筆塗りの画像が入ります。

ちょっと画像付きで解説いたしますと...

コレが③の解説文に当たるの画像
d0215815_114268.jpg





で、コレが④解説文の画像で1回目の基本色吹き付け。コレぐらい薄~くした基本色で吹き重ねていきます。
d0215815_122879.jpg





これを3~4回吹き重ねたのがコレで、⑤の解説文の画像になります。
d0215815_1612100.jpg



1回目の吹き付けで本文通りの④の画像ぐらいの濃さまで一気に吹いてしまうと、明暗が掴みにくくなってしまいます。
この部分は、結構要になるんでAM編集部には申し訳ないんですが、おせっかいにも訂正解説させて頂きました。



でも、自分の作品がこんな風に紹介されるのってメチャ嬉しいですね。ここに掲載された作品ってほぼお蔵入りになっていたモンばかりなんです。それが今回こんなにエェ感じに発表する事が出来たり、まさかの表紙の一部飾れたり...。解説文もあれだけの散文を上手くまとめていただいたり。

ほんとにAM編集部・野原さんに感謝でございます!!

あざ~っす!!

(^^)










[PR]
by forza-ragazzi | 2016-08-17 01:21 | フィギュアさん | Comments(2)

最近こんな塗装してますねん!

 え~、やっと今年の全イベントが終了し、やっぱちょっと燃え尽き症候群な頑固者であります。

 思えば今年は、フィギュアに始まりフィギュアに終わった一年でありました(ヴィネットかな?)。



 実は、今年一年でフィギュアの塗装方法が大きく変わりました。

 静岡ホビーショウまでは、従来通りの、聖典「ダイオラマ・パーフェクション」に載っている、アクリル塗料によるエアブラシ塗装法「吉岡塗り」だったのであります。

d0215815_23271031.jpg



 しかしこの方法、作業後半にフィギュアの細部を塗装する時やデカールを貼る時に、うまく定着しなかったグラデーション部に触れてしまった時に剥げさせたり、塗膜の弱さによりテカってしまったり...。

 どうしたものか...?と悩んでおりました。

 そんでもって、色んな作家さんのフィギュアの塗装方法をお伺いしたり探っていると、古いAM誌でこんな記事を見つけたのです。

d0215815_23273743.jpg



 原型氏であられる「本馬幸雄」氏による本馬式塗装法を発見したのであります!!

 なんやら、カルビン・タンさん(凄いねぇ~この人)の塗装方法(黒立ち上げ)を参考にしてるとか?

 早速パクリます!! ぐっじょぶ!!

 上からエアブラシする基本色に、何の塗料を使うか書いてなかったんですが、「これって隠ぺい力の低いラッカー使ったらえぇんちゃうん?」とヒラメイた頑固者は、それを使い実行いたします。

d0215815_2332928.jpg





 まずは下準備。いつものように筋彫りなど細部のディテールアップを済まし、装備品などをえぇ雰囲気に装着させておきます(地道なこの作業が後で効いてくるんやね~)。今回はTAMIYA迫撃砲兵セット」を使用します。大きな改造はMP40を持つ手ぐらいでようか。

d0215815_23275847.jpg




 次に、GAIAの「サーフェイサーEVO」のブラックで全体を塗装いたします。これが全体の影色にもなります。

d0215815_23281420.jpg



 次も、GAIA(クレオスより隠蔽力が強いからね~)の「フラットホワイト」を使い、ディテールのハイライト(明るい部分)となるところに塗っていきます。ラッカーなんで乾燥が速い為、リターダーを混ぜて塗りやすくしておきます。多少のムラや艶は気にしなくてもイィ~んです。以前にすこっつ師匠にアドバイス頂いたステッチ際やポケット端などを中心に塗ります。

d0215815_23283466.jpg




 その上から、戦闘服の基本色となる色(ちょっとシンナー多い目に調節)を、ブヮ~っと全体にエアブラシします。

d0215815_23292544.jpg




 ここがこの塗装方法で一番の山場なのであります!!

 もうちょっと...モウチョット...で吹いていくと、あっという間に吹き過ぎてただの基本色になってしまいます(ハイライト消えちゃうヨ~)。一回一回注意深く観察して、「こんなもんかね~?」の一歩手前で止めるのが丁度いい位です(頑固者の場合はね)。

d0215815_232948100.jpg



 ディテールをVallejoヴァヤホ篠原師匠風)やTAMIYAアクリル、エナメルを使用して塗装します。

 そうそう、VallejoヴァヤホTAMIYAアクリルを薄める時は、コンタクトレンズを洗浄する時に使う「精製水」を使いましょう。上手い具合に薄まります。

d0215815_23302949.jpg



 記章・階級賞などのデカールを貼り、顔を「聖典」に則りハンブロールで塗装してほぼ完成。

 しか~し!!最後の難関が待っておるのであります。

 それは...

 フィギュアの艶のコントロール

 であります!!

 フィギュアの戦闘服に少しでも艶があると、リアル感が無くなってしまい、台無しになってしまうのであります。

 頑固者はこの作業に納得のいく結果が得られず、色々試しておったのです。

d0215815_23305075.jpg



 普通~にTAMIYAアクリルのフラットクリアーをエアブラシ。思った程艶は消えません

 我が「SOMETIMEotto会長より、マットメディウムをエタノールで溶かし薄~くエアブラシする方法を伝授。試してみましたが、ちょっとかけ過ぎると白~い粉噴きました...。
 アチャ~...

 (><)

 ハンブロールマットコートがえぇよ~とネットで発見し、即実験。エアブラシで吹く時の濃度が難しく頑固者は断念

 クラブ仲間のH.B.Chalicki氏から、「ウィンザー・ニュートンのマット・バーニッシュで瞬殺やで!」と聞き挑戦! しかし思った様にならず。

 どうしたものか...と。

 (・・;

 篠原師匠が言っていた「艶が出たら、色がつくか付かないかぐらいに薄めたアクリルの基本色をエアブラシするんだよ」

 ...やっぱアクリルかぁ...

 TAMIYAアクリルにマットメディウム? ふっと思いつき、試しにやってみます。

 おっ!!意外にえぇ感じです!!

 (^。^)

 あっ!!そうやん!!アクリル+さらにフラットベースは!?

 ...やっと、思った通りの艶消しにたどり着いたのであります!!

 ここくるまでナンボ¥費やしたんや~...(T。T


 篠原師匠のフィギュア塗装の参考文献 


 完成したフィギュアがこちら。

d0215815_23311520.jpg



 篠原師匠のワンダフルなアドバイスが、頑固者を成功に導いたのです!!

 師匠万歳!!

 \(^。^)/



 フィギュア塗装は、奥が深い...

 頑固者はマダマダ色んな塗装法を探っていきます!!








 
 

[PR]
by forza-ragazzi | 2012-12-11 23:26 | フィギュアさん | Comments(10)

もっと研究せねば... (><)

 11月末のモデスポに向け、着々と作業は進んでおります。

 その中に、ズベズダドイツ狙撃兵があるのです。

 ロシアモデルやしな~...と思っておりましたが、なかなかどうして!! 秀作なのであります(どうも基はTANK製レジンキットみたいなんですが...)。

d0215815_1555044.jpg




 この狙撃兵、スモッグらしきものを着込んでおるのですが、最初は冬季アノラックなんだろうと思って、薄~いグリーンで塗装し、いわゆるスプリングパターンの迷彩にしようとしたのであります。

d0215815_15555422.jpg




 しかし、どうもディテールが違う...?

 冬季アノラックとは違い、迷彩スモッグの様に前開きではないのです。

d0215815_1557020.jpg




 キットでは前開きのディテール省略したんかい!? と迷っておると、我がすこっつ師匠の今月AM誌上の作例で、マスターボックスのキットで同じような物を製作されておられることが分かり、観てみると...

d0215815_160476.jpg




やっぱ狙撃兵用のスモッグなる物がある事が判明し、ネットで検索。

 ありました!!

d0215815_161396.jpg




 う~ん...資料って揃えてから製作開始せねばならんのですねぇ~。


 フィギュアは上から黄色をエアブラシして事なきを得ず。逆に下地が白っぽかったので発色が良く、えぇ感じに仕上がりました。

 ヴァレホで迷彩や各部を塗装し、顔と手以外は完了。

d0215815_162253.jpg
d0215815_1624317.jpg




 そうそう、右手はライフルをしっかり握る形にしたかったので、一度親指を切り取り、ライフル装着後にエポパテにて再生いたしました。

d0215815_1634312.jpg




 その他の作品も、まずまず順調に進んでおります。

d0215815_1641651.jpg
d0215815_1644289.jpg





 後は、これを載せるベースの製作でありますが...もう一踏ん張りでございます!!

 \(>。<)/








[PR]
by forza-ragazzi | 2012-11-12 16:16 | フィギュアさん | Comments(0)

師匠達は遙か遠く...

 どうも、久しぶりの投稿ですね。

 こないだの「週末模型組合」の報告投稿も中途半端で終わっちゃいました(今から画像投稿しても新鮮味がないですからねぇ)。

 その間に、何を忙しくしていたかというと、迫りくる「関西AFVの会」と「京都模型クラブ合同展示会」に向けての作品製作に、取り組んでおりました。

 で、今回はこちら。

 以前に製作が止まっていた「ドイツ行軍ジオラマ」のフィギュアがほぼ完成いたしました。

 聖典「ダイオラマ・パーフェクション」を片手に、ヤットここまでたどりつきました。


 しかし...AFV四天王の吉岡師匠中須加師匠には遠く及ばず....。


 「もっと上手くなりたい!!」 と妖怪人間のように嘆き悲しみますが、まあ「ローマは一日して成らず」。

 日々精進であります。

 それにしても、大きな画像で見るとタッチの粗さが目立ちます...

 (-。-;)

d0215815_23512687.jpg
d0215815_23515343.jpg
d0215815_23521174.jpg
d0215815_23523038.jpg
d0215815_23525931.jpg
d0215815_23531532.jpg
d0215815_23533896.jpg
d0215815_2354227.jpg









[PR]
by forza-ragazzi | 2012-08-02 00:00 | フィギュアさん | Comments(5)

ドイツ兵...君は、なぜ泣く...?

 静岡ホビーショウーも終わり、ひと段落。

 しかし、次の目標「関西AFVの会’12」が迫ってくるのです!

 ん!? まだ6月だって!?

 いやいや、毎年ケツカッチンで中途半端な仕上げ...

 今度こそは、バッチリ目標を達成し、納得のいく作品を作り上げようと、今から綿密なスケジュールを組み(いや無理ちゃうん?)、製作に取り組むのであります!



 まずは、ホビーショーに持ち込むことが出来なかった作品に取り掛かります。



 作ろうとしていた「ドイツ兵行軍ジオラマ」、なぜ完成させることが出来なかったか?

 実は、このフィギュアのアイデアが生まれた為なのであります。

 どんなフィギュアなのか...?



 「泣くドイツ兵」なのであります!



 自分の思い描くポーズの物が無いため、「AFV四天王・吉岡師匠」目指してセミスクラッチに挑戦です。

 製作方は、聖典「ダイオラマ・パーフェクション」に則り進めてまいります。


 ベースとなるのは、TAMIYA・MARDERⅢMに付属の戦車兵にします。

 小柄な感じに仕上げるため、腹を詰め戦車服のモールドを削り取ります。

d0215815_0215573.jpg




 次に、TAMIYAのエポパテを使って戦闘服のディテールを作ります。

 戦闘服はM44にしました。

 襟と裾を作ります。

d0215815_026785.jpg




 手は、TAMIYAアメリカ兵のモノを流用し、左腕はキットの物・右腕は一から製作します。

 足元のレギンスも作りこみます。

d0215815_031876.jpg
d0215815_0475382.jpg




 次に戦闘服本体の製作です。

 部分ごとに再現していくため、時間がかかります...

 (^^;)

d0215815_0352378.jpg




 そんでもって、次は胸ポケット。

d0215815_037696.jpg




 ダ~っと進みますが、胸ポケット・ズボンポケットの蓋、作ります。

 プラペーパーを使ってサスペンダーを製作します。リングは真鍮線を丸めたものです。

 ここで問題が...襟の下をサスペンダーが通るようにしたい為、泣く泣く作った襟とモールドの襟を取り去り、作りなおします。

 もちろん、一パーツごとの製作になります。

d0215815_0432770.jpg




 装備品を付けて完成~! ポンチョは塗装後に取り付けます。

 (^。^)/

 ヘッドパーツはHornetの物を使ってみました。

 泣いてるように見えるかな~?

d0215815_0474344.jpg




 人間、何でも挑戦するもんです。

 この一体仕上げることで自身がつきました!

 この技術を身につける事で、ジオラマにおける表現がひろがりますね。

 塗装が楽しみ~

 (^^) 









[PR]
by forza-ragazzi | 2012-06-21 01:02 | フィギュアさん | Comments(2)

戦車兵を作ろう!

 静岡ホビーショーに展示する作品に、以前に製作した「VM Sd.kfz 140/1」を使ったジオラマを出品することを決めた頑固者は、それに合う戦車兵を作ることに。

 使用するキットはTAMIYAの「ドイツ戦車兵小休止セット」と「MarderⅢM」の付属フィギュアです。

 今回は付属フィギュアの製作記であります。

 もともと、非常に出来の良いモノで、雑誌なんかの塗装作例なんかに使用されているものです。

d0215815_1032968.jpg まずは、いつも通り襟や袖、裾ナンかの掘り込みを行います。

 この作業って、するかしないかで、後々の出来栄えに大きく影響するのです。

 たまたま、同じものが二つあったので並べてみます。

 が彫刻等を使って加工した物、が何にもしてない状態。

 う~ん...ピントが微妙で、よ~判らん...


d0215815_1054660.jpg いよいよ塗装ですが、何がえぇかな~と迷った結果、otto会長にお借りした資料本の中でこれを発見!!

 コイツに挑戦します!!

 よく見ると、戦車服のディテールが微妙に違う...

 これが国防軍親衛隊の違いなんでしょうか?

 いぃ~んです!!気にせずやっちゃいます!!




 いつもの聖典「ダイオラマパーフェクション」を参考に作業を進めます。



d0215815_1094551.jpg まずは、TAMIYAのアクリル「フラットアース」を使いベースのシャドウ色を残しつつエアブラシ


d0215815_10214550.jpg 続いて、聖典通り「ヴァレホ」を使い迷彩模様を描きこんでいきます。

 まず150169の混色を描き、その輪郭に150をそのまんま塗ります。

 一本¥300もしますが、やっぱそれに見合うえぇ塗料です。


d0215815_102929.jpg 次は、131121の混色を焦茶の中に描きます。

 聖典では、爪楊枝を使い塗装とありますが、意味が解ってなかったので最初で塗っておったのです。

 しかし、それでは大きさが揃わず不細工に。

 聖典通り爪楊枝を使うと、綺麗に大きさが揃い、描きやすくなるのです。

 皆さん、「教え」は守りましょう。

 (^。^;)


d0215815_10355970.jpg でもって、皺の深い部分に、7320073201の混色を使い、シェードを入れます。

 バックルや徽章は、エナメルの「フラットアルミ」で塗り、スミイレで凹凸表現します。


d0215815_10433135.jpg 完成~

(^^)Y

 階級章などは、パッション製のデカールを使用し、上からアクリルのつや消しクリアーをエアブラシして、調整します。


d0215815_10483987.jpg 同じ要領でこちらも塗装しました。



 いつものことながら出来るのか不安でしたが、やっぱやってみるもんです。

 (^^)








[PR]
by forza-ragazzi | 2012-05-25 11:04 | フィギュアさん | Comments(1)

フィギュアのカラーリングじゃい!

 さぁ、いよいよフィギュアの塗装に入ります。


 まずは、サフの上からフレッシュをエアブラシ

 ♪わてら陽気なドイツ兵~

d0215815_1123285.jpg




 次に、「吉岡師匠」よろしくアクリルのブラックを吹きます。薄めるにはラッカーシンナーを使います。

 でもって「そらそうやろ~」の失敗...

 そら、顔にかかりますわな~

 (・ ・;)

 これならば、黒サフを素直に吹いておけば良かった...

d0215815_1132269.jpg




 ベースのブラックをシャドーで残しながら、基本色のフィールドグレーをエアブラシ。

 otto会長にお借りした資料を基に、M36M43のベースカラーを変えてみました。

 M43アオ過ぎたかな...?

 (--;)

d0215815_1143050.jpg




 続いて、各ハイライトカラーをエアブラシ。塗装がカブったフレッシュも修正します。

d0215815_1145964.jpg




 で、「吉岡師匠」「すこっつ師匠」を参考に、シャドーやハイライトをちょいと筆塗りし、装備品を塗装して、顔以外完成。

 聖典「ダイオラマ・パーフェクション」片手に頑張ります!

d0215815_1153210.jpg




 裏側はこんな感じ。

d0215815_116633.jpg



 塗装はTAMIYAのアクリルとエナメル。ポンチョの迷彩や一部装備品はファレホ(オランダ人ならいざ知らず、スペイン人はVを”フォ”と発音するのでしょうか?)を使っております。

 今回TAMIYAのアクリルをファレホみたいに精製水で薄めて使うことに挑戦。

 薄くはなりますが、メチャ塗り易くなることを発見!!

 でも...肌理の細かさや、迷彩塗装時の扱いやすさではファレホに及ばず...。


 他の皆さんもこんな感じ。

d0215815_1165143.jpg



 装備品はこんな風に仕上がっとります。

 飯盒と水筒の剥げ具合がお気に入り。あえてガスマスクは装備せず。

d0215815_1172355.jpg



 次回、いよいよ「魂の吹き込み」、顔の塗装編であります!!








 

[PR]
by forza-ragazzi | 2012-04-30 01:09 | フィギュアさん | Comments(0)

製作快調~...か?

 いや~なかなか進みませんな~
(^~^)
 我が愛するGAMBA大阪が絶不調だったり、の機嫌取ったりで集中出来ない日々が続いております。

 とか言いつつも、ナンダカンダで装備品の装着完了。ポンチョは別で塗装するために後付けにしました。

d0215815_2051466.jpg
d0215815_20512830.jpg
d0215815_2051435.jpg
d0215815_2052775.jpg



 装備品もちょいとディテールアップ

 マップケースやホルスターの蓋を再現してみました。

 でも、ホルスターの蓋は間違った形に...まぁ雰囲気で...

 (^。^)

d0215815_20525949.jpg



 襟をエポパテしたり...

d0215815_1435837.jpg



 機銃架台のストラップをプラペーパーで再現したりします。

d0215815_1443385.jpg



 ポンチョも巻いてある感じが出てるかな...?

d0215815_20533196.jpg



 並行して製作している戦車兵・バイク兵も合わせて、なんとかサフ吹きまで完了。

d0215815_2054692.jpg


 
 そんな作業をしている合間に、心暖まるお話を。

 先日、otto会長からの封筒が届きました。

 「あれあれ、何でしょう?」

 開けてビックリ、新撰組のポンチョ用迷彩デカールはいってました。

d0215815_20543789.jpg



 「あっ援助物資ね!」

 これでバイク兵の迷彩はバッチシ!!

 会長!重ね重ねアザ~ッス!! 感謝感謝の日々であります。
 m(_ _)m

 なんとしても、作品完成ささねば...
 (--;)
 ちょっとプレッシャー感じてたりして...
 (^^;)









[PR]
by forza-ragazzi | 2012-04-06 20:49 | フィギュアさん | Comments(0)