カテゴリ:ジオラマ作ってみましてん( 15 )

Eine Blume fur verlorenes Leben...(その命に花を添えて...)

d0215815_1873939.jpg
d0215815_187289.jpg
d0215815_1872054.jpg
d0215815_1871080.jpg
d0215815_187156.jpg
d0215815_1865377.jpg
d0215815_1864221.jpg
d0215815_1862844.jpg
d0215815_1861890.jpg
d0215815_186884.jpg
d0215815_1810364.jpg



'13モデラーズEXPOのサポーターズ・エキシビジョンにて展示した作品です。

吉岡”ネ申”和哉師匠の降下猟兵のヴィネットに憧れ製作いたしました。椅子なんかはオマージュであります!

フィギュアはズベズダであります。

今思えば、「なんで建物の外側を再現せえへんかったんやろ...」と後悔しております...。

(T。T)







[PR]
by forza-ragazzi | 2014-02-22 18:15 | ジオラマ作ってみましてん | Comments(6)

頑固者、リメイクする!

 静岡ホビーショウーも終了して少したちますが、頑固者はチョットトーンダウン...。

 作りかけのジオラマも、なんだか進んでいません...。

 う~ん...このままだと、今年の関西AFVの会がヤバイことに...。

 私のモデラーハートに何時火が着くんでしょうか...?



 さてさて、今回のホビーショウーには今までの作品を手直しして展示しましたが、「じゃあ何処いじったの?」って事で...。


 去年の年末、チョ~憧れの篠原師匠にお会いした際、私の作品で色々アドバイス頂いた箇所の手直しを実行いたしました。

d0215815_23345882.jpg





 まず、「狙撃兵が窓枠に構えるとき、布みたいな物で支えて安定させるんじゃないの?そんなのがあったらいぃねェ」

 やります!!

 何がえぇんかな?と考えた末、ポンチョでいかが?ということで、TAMIYAの紙製ポンチョシートを水で濡らして形を整えて、ライフルと窓枠の間に置いてみました。

 う~ん...ちょっとヴォリュームあり過ぎ...?

d0215815_23353748.jpg





 「窓枠に割れたガラスと室内にカーテンレールとかあったら雰囲気出るよ~」。

 やります!!

 ガラスは透明プラバンをサイズを合わせ接着。下は割れた表現してみました。

 カーテンレールはプラ材にて製作。ヨーロッパのカーテンレール...判りません!!

 仕方ないので、ニトリで見たもの(以前画像で見たものがこんな感じだったような...?)を再現してみました。

d0215815_2336464.jpg





 「部屋に掛けてあったであろう、額入りの絵画とか、壁の額の跡なんかあったらイィ感じになるんだよね~。」

 やります!!

 この辺は吉岡”ネ申”師匠もダイオラマ・パーフェクションで記事にされておられました。やはり、名人ともなりますと、皆さんその辺はキッチリされるのでしょうね。

 額入りの絵画は、実は制作途中にアイデアは湧いていたのですが、タイムアップで断念しておりました。

 ヴァーリンデンなんかで額売っておりますが、結構な値段しよるんです...ですので自作。

 これもプラ材を使い製作。中に飾られる絵は、大好きなゴッホの「黄色い家」であります(実は頑固者の作業場にも同じ絵を飾っておるのであります)。

d0215815_23371413.jpg
d0215815_23373041.jpg

d0215815_23381868.jpg





 と、まぁこんな感じでリメイクしたのであります。

 「細かいところの解像度がググッッとあがりましたね~!とても雰囲気が良くナッたと思いますよ。」と師匠からお言葉頂き、舞い上がっております。

 なんていうのでしょうか?その場で生活しているとでも申しましょうか、そういう目線で見てみると色々足りない物あるべき物が見えてきて、「リアル」に近づいて行くのではないでしょうか?


 この作品を含め、静岡ホビーショーに展示した作品を、現在京都VOLKSにて展示して頂いております。

 二階スケールモデル売り場に行かれた時、良ければ見てやって下さい!!

 ご感想頂ければありがたいです

 (^^)








[PR]
by forza-ragazzi | 2013-06-08 23:57 | ジオラマ作ってみましてん | Comments(4)

やっぱ今年も...(T。T)静岡HS'13

...やっぱ、間に合いませんでした...

...もう諦めました...

...今までの作品を手直しして持って行きます...

...ここまで出来てたのに...

T~T

d0215815_2250597.jpg



静岡でお会いしましょう~!!

「SOMETIME」のブースでお待ちしております。

m(_ _)m











[PR]
by forza-ragazzi | 2013-05-12 22:58 | ジオラマ作ってみましてん | Comments(2)

後一週間!!(><)静岡HS'13

静岡ホビーショーまであとわずか!!

頑張ってます!!

d0215815_23315333.jpg










[PR]
by forza-ragazzi | 2013-05-10 23:33 | ジオラマ作ってみましてん | Comments(2)

今年もケツカッチン!? 静岡HS'13

静岡ホビーショーに向け、爆製作中であります!

嫁のプレッシャー(家事手伝え~!)がスゴイです!!

でも負けずに完成させるのです!!

ガンバレ~頑固者!!

(>。<)/

d0215815_1326564.jpg
d0215815_13261934.jpg
d0215815_1326311.jpg
d0215815_13264826.jpg










.

[PR]
by forza-ragazzi | 2013-05-03 13:28 | ジオラマ作ってみましてん | Comments(4)

上手くなりたいんや~ その二

 明けましておめでとうございます。

 本年もモデラーの皆様にとって良い年となりますように!!



 さて、'13一発目の投稿は、前々回に続きモデラーズ・EXPO出品作品であります。

 この作品も、やはり吉岡”ネ申”和哉師匠の作品に憧れ製作したものであります。

 製作テーマすが、崩壊した建物の脇で「突撃~!いったれ~!」っと叫んでいるというコンセプトであります。

 フィギュアはTAMIYAドイツ迫撃砲兵セット」の余りを使い、歩兵下士官にチョロっと改造し使用します。

d0215815_1159525.jpg



 今回のベースの製作ですが、ヨーロッパの建物(たぶん東の方)なのですが...う~ん...あんまり手持ちの資料が無いので、どんなもんか解らんのです...。

 困った頑固者は色々ネットで探し回って見つけた戦場写真と、MiniArtの製品を参考に製作することに。

 大体の寸法を出したかったので、画像の兵士を約1/35になるように縮尺し、それを採寸して製作することに。

d0215815_11595642.jpg



 いつものようにTAMIYAのスチロール板を使用し、建物の外壁をつくります。

d0215815_1202632.jpg



 ヨーロッパの建物のディテールが、やっぱりよ~判らんため「こんなもんかいな~?」で製作を進めます。外壁中段の飾りをプラストラクトのプラ棒で製作いたします。

d0215815_1211263.jpg



 頂部の崩壊したレンガや基礎部の石積みのテクスチャーをつけます。窓の欄干はMiniArtの余りパーツを使います。

d0215815_1214248.jpg



 中段の外壁は、ハッキリとした溝が付くように短冊切りにしたプラ板を貼ってみました。窓枠はやはりMiniArtから。

d0215815_122521.jpg




 で、塗装中の撮影し忘れてしまったのですが、ほぼ塗装終了でございます。塗装はアクリルにて。

d0215815_122497.jpg
 


 欄干の錆の流れを再現。チョットやりすぎ?中段外壁のエイジングもエアブラシで再現。う~ん...筋彫りずれてる~

 (-。-;)

d0215815_1233291.jpg




 フィギュアを載せて完成~!!

d0215815_12112893.jpg
d0215815_1211413.jpg
d0215815_1245218.jpg
d0215815_125720.jpg
d0215815_1252116.jpg




 足元には瓦礫の石膏片をまいてみました。もっと撒いても良かったかな?

d0215815_1254642.jpg










[PR]
by forza-ragazzi | 2013-01-04 12:05 | ジオラマ作ってみましてん | Comments(2)

上手くなりたいんや~ その一

 いや~寒くなりましたね~(><)

 頑固者の今の仕事場は京都市の北の果てなので(金金キラキラ寒さ半端ないです。



 さてさて、大盛況の中閉幕した「モデラーズ・EXPO2012」。頑固者はその中のサポーターエキシヴィジョンに出展するという暴挙にでた訳であります。

 その出展を決意して、「さてどんな作品を制作しようかいな?」と思案しておりましたところ、吉岡”ネ申”和哉師匠が関西AFVの会'12に出品されていた作品を思い出し、「上手くなりたいんや~!」の想いを込めて、小さなヴィネットをいくつか製作することにしたのであります!!

↓↓吉岡師匠の作品です↓↓(そんなもん言われんでも判るてか?)
d0215815_4223573.jpg



 この作品は、ごらんの通りフィギュア一体石柱瓦礫のみの小さなヴィネットではありますが、その作り込まれたフィギュアはもちろん、弾痕の残る石柱(攻殻機動隊みたいやで~!)やその足元に広がる瓦礫、ハタマタその石柱と瓦礫の色合いなど素晴しいものなのであります。

d0215815_4232481.jpg



 すこっつ師匠曰く「これは石柱の高さと土台の高さの比率を計算して作られてるんやで~。」

 Oh~!!なんとトレヴィア~ン!!

 で、このコンセプトを真似して製作いたします!!



 今回製作するのは、ZVEZDAドイツ狙撃兵セット」を使ったものであります。

 以前に紹介した「Ronnie!」を製作したときに思いついたアイデアを形にしてみます。



 まずは、そのベースとなる建物から。TAMIYAのスチロール板から製作いたします。壁を形成するレンガをいつもの技法を使い製作。少し剥がれ落ちた内壁はプラ版を使い再現します。

d0215815_4241582.jpg



 次に床板。細切りの檜の棒を、後の作業の為にチョット長い目に切ってそれらしく並べて製作します。

d0215815_4243278.jpg



 出来上がった壁と床を合わせてみます。壁紙は新撰組・Klein'sの花柄デカールを使ってみました。

d0215815_425047.jpg



 床の塗装は、最初VAのセピアを使ってやってみましたが、乾燥すると白さが目立つようになり断念。結局エナメルのスミ入れ用に作ってある物で仕上げました。そうそう、人が歩き回るあたりは、少し薄いめに塗って剥げた感じに仕上げます。

d0215815_4253029.jpg



 建物終了~。壁紙は剥がれたように表現したかったので、デカールを用紙そのまま手で切って貼っています。床は崩壊した感じを出す為にえぇ長さでボキボキッっと折ってやります。窓枠はMiniartを使用。シャドウ入れすぎたかなぁ...。
 
d0215815_439528.jpg
d0215815_4391893.jpg
d0215815_4393270.jpg



 で完成~!!

d0215815_4395863.jpg
d0215815_4401381.jpg
d0215815_4402823.jpg



 狙撃兵もえぇ感じに仕上がりました!!

d0215815_429227.jpg
d0215815_4292849.jpg
d0215815_4294524.jpg



 足元に崩壊した建物の瓦礫(檜棒や石膏と赤パステルを混ぜて作ったレンガ)を配置して、雰囲気を再現してみました。

d0215815_431744.jpg



 狙撃兵の傍らには、この作品の題「その命に花を添えて」のメインアイテムの赤い花を配置。自分が撃ち殺した兵士の数、花を並べているという設定でございます。花はドライフラワーを使用しております。



 吉岡師匠のように「素晴しい作品!」とまではいきませんが、今の自分の持てる全ての技術を注ぎ込んで見ました。

 次回・その2では、もう一つの作品「突撃!」であります

 (^^)










[PR]
by forza-ragazzi | 2012-12-28 04:06 | ジオラマ作ってみましてん | Comments(0)

地面、こんな作り方してますねん・1944秋

※完成画像追加しました(^^)

 以前、「石畳の作り方」を投稿しましたが、今回は「地面の作り方」であります。

 どんなにいい車両・フィギュアを作っても、そのまんまでは寂しいものであります。そんな時、ちょっとした地面があれば、いい雰囲気になるもんです。

(^^)

 このやり方も石畳同様、すこっつ道場で習得したものであります。結構簡単なんで、是非挑戦してみてください!!(う~ん...ばらし過ぎると師匠怒るかなぁ...?)




 まず、TAMIYAの高密度発泡スチロールで大体の形を作ります。奥が柵になる予定なので、ちょっと高くしときます。手前が道なので、押さえて軽いデコボコを作っておきます。
 次の作業の為に、全体に木工用ボンドを塗っておきます。

d0215815_232842100.jpg



 次に、TAMIYAテクスチャーペイントを使って、地面の土を製作します。この製品、「こんなん誰が使うねん!?」と思っていたら、自分が使ってました...。なかなか優秀な製品です。
 今回はそのまんま使用しましたが、コーヒー殻などを混ぜれば、荒れた地面が作れます。

d0215815_23292151.jpg



 地面の石を表現するのに、拾ってきた小石をそれらしく配置します。配置する箇所も考えながら並べましょう。テクスチャーペイントが乾く前に置けば上手くヒッツキます。

d0215815_23294122.jpg



 続いて、柵の登場。TAMIYAの道標セットの柵を大きさに合わせてカットしボンドで接着します。
 柵は、ベースをカーキドラブ、全体の色をフラットホワイトでエアブラシしました。

d0215815_23311340.jpg



 柵に、エイジング処理してみます。ブラウンだと違うかな~?っと思うので、やっぱカーキドラブでやってみました。こっちの方が、自然な感じになりますね。ホントは後一色入れればもっとりリアルになったかも?
 柵の足元に生える雑草をテクスチャーペイント・草カーキで再現します。これも結構使えまっせ~!!

d0215815_23313311.jpg



 地面がテクスチャーペイントのまんまだと「なんやこれ!?」って作品になるので、表情をつける為に本物の土を撒きます。普通の土なんですけど、いわゆる「ふるい(めの細かいザル)」で濾した土(砂よりこまかいです)を使います。茶漉しなんかで作れますヨン。
 それを全体に撒いて水溶き木工ボンド(しみ込みやすくするため食器洗い洗剤をすこ~し入れときます)で固定します。
 1色では寂しいんで、二色ぐらいエェ感じに撒きます(ちなみに明るい土は「東寺の土塀築地」、暗い方は「山科本願寺」の土です。頑固者の仕事場なのです。坊主じゃないよ~)。

d0215815_23315774.jpg



 柵後ろの背の高い草は、鉄道模型用の物を使っています。



 今回のモデ・スポで、この草の表現について、すこっつ師匠から貴重なアドバイスを頂きました。
 頑固者は、KATOの化学繊維のものを使いましたが、「それより釣具屋なんかに売ってる”獣毛”を使ったほうがえぇよ(^^)」との事。
 理由は、この化学繊維だと高さをそろえたときにカットした先っちょが断面になってしまう。獣毛ならば、先細りになりよりリアルな草になるとの事です。

 「目からうろこ」ですね~

 次回から使います!!



 柵の足元にミニネイチャーの雑草をボンドで配置します。
 横でドイツ兵が「まだ出来ひんのか~?」って怒ってます(^^)

d0215815_23323577.jpg



 フィギュアの配置はこんなもんでしょうか?

d0215815_23335941.jpg



 座ってる兵隊さんの為の木箱を、檜の木工材から作ってみました。
 何が入っている木箱なんでしょうか...? 本人もワカラナ~イ

 (^^)

d0215815_23342041.jpg



 で、完成~!!

d0215815_23563487.jpg



 う~ん...あんまりテーマ感じひん結果になってしまいました...。

 (・・;

d0215815_23565125.jpg
d0215815_2357169.jpg
d0215815_23573162.jpg

d0215815_23582973.jpg
d0215815_23584529.jpg
d0215815_2359152.jpg
d0215815_23591252.jpg
d0215815_23592224.jpg



 まぁ、えぇか...よくできました!!(誰も言ってくれないんで自分で言うときます...)


 このやり方を応用すれば色んな地面の表現が出来そうです。

 \(^。^)/







[PR]
by forza-ragazzi | 2012-12-15 23:43 | ジオラマ作ってみましてん | Comments(6)

「ある街角」

 長らくほったらかしにして居りましたが、やっと投稿する気になりました。

 「関西AFVの会」終了後、すぐに「京都合同展示会」に出品する作品の制作に取り掛かり(残念ながら未完成でした...)、なかなか時間が取れなかったんですが、本日京都は。仕事が休みになったんで、なんとか時間がとれました。


 さて、一昨年の「関西AFVの会」に出品した際、吉岡”ネ申”和哉師匠のジオラマに触発されて以来、ジオラマの素晴らしさに目覚めた頑固者、去年の「関西~」続いて今年もヴィネット出品と相成った訳でございます。

 本当はチョッと大きめのジオラマを製作するはずだったんですが、相も変わらず時間の読み違えでギュイ~ンと小さなヴィネットになってしまいました。


 今回のAFVの会には、3作品を出品いたしました。


 その内の一つがこちら...「ある街角」 であります。

d0215815_1211695.jpg




 ベースはTAMIYAのスチロール板に、すこっつ師匠直伝の「ボールペン石畳製作法」にて行います。

 石畳のパターンは、ミニアートのジオラマベースを参考に曲線定規を使い刻んでいきます。

d0215815_12152052.jpg




 登場するドイツ兵は3人。

 一人目はドラゴン製。首の角度を大きく変え、いつもの通り各部のディテールの掘り込みを行なっております。

d0215815_12182551.jpg



 二人目はマスターボックス製。キットでは頭部が負傷している様子ですが、今回はこのヴィネットのテーマの「戦友の死」によって泣いている兵士を表現してもらってます。

 このヴィネットは、このフィギュアのポーズからイメージが膨らんだきっかけの重要な兵士なのであります。

 各部の掘り込みと、指の間を一本づつ切り離し、少し手のひらを開いた状態にいてあります。

d0215815_12254289.jpg



 三人目は「戦死した兵士」。

 ドラゴンのフィギュアパーツを使い、戦闘服の腰下と背中部分、腕をエポパテにて製作。サスペンダーをプラペーパーで再現。ガスマスクケースのストラップは以前紹介したエポパテペーパーで製作。頭部はホーネット製を使用しております。

d0215815_12314560.jpg
d0215815_1232129.jpg




 こんな感じに仕上がりました(^^)

d0215815_1232386.jpg
d0215815_12332369.jpg
d0215815_12334040.jpg
d0215815_13162353.jpg
d0215815_13163310.jpg
d0215815_13164271.jpg




 街灯はTAMIYA製。頂部の錆びの流れた表現がお気に入りです。

 押し出しピン跡の処理し忘れました...(-。-;)

d0215815_12362496.jpg




 排水溝はミニアートの製品を参考にプラ板で製作。拾った小石やグレーのパステルで、瓦礫や埃を再現。

 もっと派手にしても良かったかも...?

d0215815_12402665.jpg
d0215815_12404331.jpg




 自分では良くできたと自負しておりましたが、吉岡師匠・すこっつ師匠から大変参考になる改善点・アドバイスをいただきました(自分では気付かないことが多いですね...)。

 それを参考に、手直ししてみたいと思います。


 最後に、お気に入りのショット

 チョッと映画っぽいかな?(下士官の目線ずれてる~って言っちゃダメ!!)

d0215815_12464285.jpg














[PR]
by forza-ragazzi | 2012-10-23 12:57 | ジオラマ作ってみましてん | Comments(2)

え!?ここナンシーちゃうのん!?

 「え!?ここナンシーちゃうのん!?」完成です(タイトルふざけちゃいました...)

 (^。^)y

d0215815_23211799.jpg
d0215815_23252591.jpg
d0215815_23261284.jpg
d0215815_23263296.jpg




 偵察隊の戦車兵とオートバイ伝令兵のコミュニケーションシーンを再現してみました。

d0215815_082056.jpg




 戦車兵も何とか完成しました。

 でも、やっぱ顔の塗装に不満が...修行が足りん!!

d0215815_0141421.jpg




 我がSOMETIMEotto会長が、このジオラマを見て一言...

 「国防軍の戦車兵には、迷彩服はないねんけどなぁ...」

 ∑(--;) エェッ!?

d0215815_0251583.jpg




 確かに、デカールの襟章も合ってるかが怪しい...。

 (・。・;)

 雰囲気で...許してください...。

d0215815_029479.jpg
d0215815_030611.jpg




 オートバイ兵も、たいしたディテールアップ無しでも、まぁえぇ感じです。

d0215815_0342786.jpg




 何か小物を...と考えた末、ジェリカンを置いてみました。

d0215815_0364790.jpg
d0215815_0372797.jpg




 静岡ホビーショウに間に合わせる為に、結局予定よりスケールダウンを余儀なくされましたが、とりあえず出品できる形にまでもって行けたので、まぁ良しとしてください。

 (^^;)

 とかなんとか言っておりますが、この作品は10月のクラブ展示会に向けリファイン(ぶっ壊す)予定です!

 今度はプラン通りに仕上げたい!!

 (^。^)








[PR]
by forza-ragazzi | 2012-06-15 00:57 | ジオラマ作ってみましてん | Comments(0)