戦車兵を作ろう!

 静岡ホビーショーに展示する作品に、以前に製作した「VM Sd.kfz 140/1」を使ったジオラマを出品することを決めた頑固者は、それに合う戦車兵を作ることに。

 使用するキットはTAMIYAの「ドイツ戦車兵小休止セット」と「MarderⅢM」の付属フィギュアです。

 今回は付属フィギュアの製作記であります。

 もともと、非常に出来の良いモノで、雑誌なんかの塗装作例なんかに使用されているものです。

d0215815_1032968.jpg まずは、いつも通り襟や袖、裾ナンかの掘り込みを行います。

 この作業って、するかしないかで、後々の出来栄えに大きく影響するのです。

 たまたま、同じものが二つあったので並べてみます。

 が彫刻等を使って加工した物、が何にもしてない状態。

 う~ん...ピントが微妙で、よ~判らん...


d0215815_1054660.jpg いよいよ塗装ですが、何がえぇかな~と迷った結果、otto会長にお借りした資料本の中でこれを発見!!

 コイツに挑戦します!!

 よく見ると、戦車服のディテールが微妙に違う...

 これが国防軍親衛隊の違いなんでしょうか?

 いぃ~んです!!気にせずやっちゃいます!!




 いつもの聖典「ダイオラマパーフェクション」を参考に作業を進めます。



d0215815_1094551.jpg まずは、TAMIYAのアクリル「フラットアース」を使いベースのシャドウ色を残しつつエアブラシ


d0215815_10214550.jpg 続いて、聖典通り「ヴァレホ」を使い迷彩模様を描きこんでいきます。

 まず150169の混色を描き、その輪郭に150をそのまんま塗ります。

 一本¥300もしますが、やっぱそれに見合うえぇ塗料です。


d0215815_102929.jpg 次は、131121の混色を焦茶の中に描きます。

 聖典では、爪楊枝を使い塗装とありますが、意味が解ってなかったので最初で塗っておったのです。

 しかし、それでは大きさが揃わず不細工に。

 聖典通り爪楊枝を使うと、綺麗に大きさが揃い、描きやすくなるのです。

 皆さん、「教え」は守りましょう。

 (^。^;)


d0215815_10355970.jpg でもって、皺の深い部分に、7320073201の混色を使い、シェードを入れます。

 バックルや徽章は、エナメルの「フラットアルミ」で塗り、スミイレで凹凸表現します。


d0215815_10433135.jpg 完成~

(^^)Y

 階級章などは、パッション製のデカールを使用し、上からアクリルのつや消しクリアーをエアブラシして、調整します。


d0215815_10483987.jpg 同じ要領でこちらも塗装しました。



 いつものことながら出来るのか不安でしたが、やっぱやってみるもんです。

 (^^)








[PR]
by forza-ragazzi | 2012-05-25 11:04 | フィギュアさん | Comments(1)
Commented by ddddddd at 2016-08-12 10:54 x
that to badです。
<< 頑固者、バイクモデル作る!! Ronnie! 完結編! >>