今年一発目!

2012年最初に製作するキットはこちら・・・

 ロシアのメーカーVMの「Sd.kfz140/1 偵察軽戦車」なのであります。
 箱絵がいぃですね~

 (^^)
d0215815_11403366.jpg


 この戦車は、チェコ製の38(t)軽戦車をベースに開発された偵察用軽戦車なのです。

d0215815_1141436.jpg


 VMというメーカーは既に無くなっているのですが、先日開催された「VOLKS・サンクスフェスタ」のフリーマーケットで¥500で手に入れた代物であります。

 箱を開けると・・・ALAN同様、昔キットのニオイぷんぷんします。
 内容はエッチングパーツが付いていたり、フェンダーステーなど薄いパーツは割れそうなくらい薄く(実際割れていた・・・)、細かいパーツはかなり細かいんですが、やっぱりモールドなんかは大雑把なのです。

d0215815_1145650.jpg


 まずは車体の組み立てから。
 室内はこんな感じで再現されていますが、他メーカーとは大分違うような・・・まぁあんまり見えへんからえぇんです。

 (^。^)
d0215815_1146493.jpg





 車体の箱組み終了後、パネルラインのスジ彫りが雑な為一部パテ埋め結構。面出しの為リベットのモールドを削り取り、六角プラ棒にてボルトを再現。

 付属のエッチングパーツと自作の遮蔽版(?)でエンジングリルをディテールアップ。マフラーはステーが無いため、想像で追加。パイプはプラ棒にて自作。溶きパテで荒らして錆表現に備えます。

d0215815_11463454.jpg



 続いて履帯の組み立てに。キット付属のものがあんまり信用できなかったので、当初はトライスターの別売り履帯を使用する予定でしたが、試しに組んでみると意外にもえぇ感じやったので、そのまんま使用することに。

 ドラゴンのマジックトラックの製作を参考に組み立てます。

d0215815_11475617.jpg


 えぇ感じに緩み表現出来ました。

d0215815_11481318.jpg


 次回はOVMなどの取り付けです。







[PR]
by forza-ragazzi | 2012-01-30 11:45 | VM Sd.kfz 140/1 | Comments(0)
<< 「ネ申」香里ケ丘に降臨 やっぱ好きなんやん! >>